ええっ!USBメモリーってデータ消える時があるの?

え?au使ってるからすっごくお得!

USBメモリーは便利で簡単にデータ保存できます。

しかし、長期保存すると大切なデータが消えてしまいます。

 

USBメモリーのデータが消える仕組みってどういったものでしょう?

対処法はあるのかな?

 

 

 

そもそもUSBメモリーってどんなものなの?

電源を落とした後でも保存したデータが消えない、読み書きが高速、複雑な機械が入ってないので故障する心配が少ないなどといったことが特徴です。

USB接続できるフラッシュメモリー

電源が入ってない状態でもデータが消えないメモリーなのですが、読み書きするときだけ電源が入っていればいいという便利な保存媒体なのですが…その性質には弱点がありました。

 

 

長期間放置すればデータが消える

USBメモリーに保存したデータはずっと残るわけではないのです。どういった時に消えるのかというと保存した後にずっと電源を入れないでいると消えてしまいます。

自然に放電したらデータも消えるイメージです。

なんだか電池みたいなイメージですね、(放っておくと電池の中身って消えていきますし)

 

どのくらい放置したらデータが消えるの?

電源が入らない環境で、放置した時間が長いほど保存したデータが消えやすくなります。

10年以上放置したら消えるという事も言われるみたいですが、5年放置してたら消えたということもあるようです。

USBメモリーは長期保存に向いていないのかもしれませんね。

 

 

「SLC」「MLC」「TLC」この中でも一番安い「TLC」を使ってある場合

TLCタイプのフラッシュメモリは書き換え回数の上限も低くデータの保存し続けれる期間も短いタイプです。長持ちしないものとして考えましょう。

安いUSBメモリーはTLCタイプのフラッシュメモリが使ってあることが多いです。

5年持たないと思うべき

こういった製品は耐久力が低いので500回程度の書き込みができれば良しと考えましょう。

期間的には持って数年です。5年も持たないと思ってください。

 

 

USBメモリーは消耗品として考える

すべての家電は量産品であり、いつか壊れます。保存したデータはいつか消えるので半永久的に使用することはできません。

 

大切なデータは複数にコピーして記録して対処しよう

同じタイミングで消えないなら残るかもしれません。複数保存して備えましょう。

もう少し長く持つHDDやDVD-Rなどに保存すれば長めに保存できるでしょう。

複数のメディアを使い分けるのはいかが?

スポンサーリンク

“ええっ!USBメモリーってデータ消える時があるの?” への4件の返信

    1. とてもうれしいコメントをありがとうございます♪
      USBメモリも消耗品という本記事。

      おっちょこちょいな私こそ
      こまめにバックアップをしなければ…

  1. USBにデータを保存して、USBを取り外す作業をする前に固まってしまい、強制的にUSBをぬきました。
    その場合、移行したデータは消えますか?

    1. 消える場合と、データが壊れてよみこめなくて結局使えないデータになったり、
      そのまま保存できている場合とあると思います。
      運です。

      (私の場合は消えることが多いです…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。