イラスト用の入力デバイスならWACOM(ワコム)のIntuosPRO

え?au使ってるからすっごくお得!

「Intuos Pro」シリーズとパソコンがあれば絵の具の残量を気にせず描き放題が実現できます。

 

ペンタブレット以外にも液晶タブレットというものも存在し、さらにパソコンとタブレットが一体化したものまで登場しました。

おすすめペンタブレット「Intuos Proシリーズ」の良さをお伝えいたします。

 

-shared-img-thumb-N811_enogusetdeza_TP_V

 

 

イラスト用の入力デバイスならWACOM

WACOM製タブレットなら信頼できる高い品質で、プロのニーズにも応えます。

筆圧に応じて入り抜きもお手のものです!! WACOM公式サイト

 

WACOMはペンタブレットをリリースして長いです。ユーザーもたくさんおられるので困ったことがあっても解決法を探しやすいです。ペンタブレットはWACOM製のものを選んでおけば間違いないです。

 

WACOM製ペンタブは描き味が良い

筆圧レベルも高精度で入力できます。柔らかくタッチを入れたり、シュッ!!と「イリヌキ」も可能です。特に軽い筆圧を表現することに関しては業界最高水準でしょう。

※筆圧感知性能は2048レベル 入門モデル以外は大体2048レベルのアイテムです。現実で行ったペンの動きを細かく線の表情に現れるということです。他人と違う線が出るということです。

 

-shared-img-thumb-AL202syazai320140830164943_TP_V

 

 

WACOM製ペンタブはここが良い

ペンに電池を入れなくていい

ペンが軽いと描いていて違和感が無いですね。重くすることは布を巻いたりしたら重くできるので、ペン本体が軽いほうが好みの重さにできるでしょう。

ペン先などの消耗品が入手しやすい

長期的に消耗品が手に入らなければ意味がありません。WACOM製のペン先は通販可能! オンライン環境があれば購入できます。

 

OSやソフトとの相性が良い

パソコンとつないでもちゃんと動くかわからないものは買いにくいです。WACOMの製品なら安心して使えます。

 

サポートが豊富

フォーラムがあるし、更新頻度も多く丁寧に対応してくれます。ツイッターもされてるのでフォローしてみたらいい情報が入るかも。キャンペーンのお知らせがあったらラッキー!!、聞き逃さなくて済むかも。

 

困ったことがあったらここWACOMサポートページ

 

※ツイッターでは質問の受付やサポートはしてないので質問とかしちゃダメ

お知らせを受け取るためにフォローしよう。WACOMツイッター公式アカウント

 

bsGREEN_TO20140125

どれ選べばいいの?

用途と予算と相談と相談するのですができるだけ「Intuos Pro」以上を選びましょう。筆圧レベルが2048の物を選ぶと買い替えなくて済みます。

 

エントリーモデル「Intuos」シリーズ

エントリーモデルは筆圧レベルが最高1024とおよそ半分です。

触ったことがないといった場合に良いかもしれません、ほんの少し予算を足して「Intuos Pro」を買うのをおすすめします。

-shared-img-thumb-OOK92_tatakausarari-man20131223_TP_V

これなら間違いない「Intuos Pro」シリーズ

ペン入力範囲がLarge、Medium、Smallといったようにそれぞれ違いがあります。必要なサイズを選びましょう。おすすめはMediumです。

 

筆圧2048レベル

なので表現の幅が違います。繊細な軽い筆圧も感知します。

 

タッチ機能搭載

マルチタッチのエリア内での指の動作で拡大したり縮小したり出来ます。

※画面外にタッチホイールやエクスプレスキーという操作キーが付いているので登録した操作ができます。

MacとWindowsどちらでも使える

使うマシンを選びません。Mac/Windowsどちらでも買い換えても使えます。

 

ワイヤレスにもできる

IntuosPro全モデルに搭載 ペンタブレット本体に充電池とワイヤレスキットを取り付けるとワイヤレスに変身!!ケーブルのない状態にできたら環境を選ばずお絵かきできます。

 

お絵かきソフト サラッと紹介

やはり軽いソフトならSAIが人気ですね、本当に軽く、描き味も最高です。

クリップスタジオは漫画も描けますし、イラストも出来ます。素材がたくさんあって拡張性も売りのひとつです。

Photoshopは本格的に使う場合かなりの性能のパソコンが必要ですしソフト自体高価です、保存できるファイルの最大サイズが大きいのが強みです。

 

ペンタブレットも液晶タブレットにない良さがあります、画面が手で隠れないことがペンタブレットだけのいい部分です。液晶タブレットと違いそこそこのお値段で使えるので試しやすいかもしれません。

 

WACOM公式サイトはこちら

 

おすすめ関連記事 SAIとクリップスタジオを使うためのパソコンの選び方 Windows

WACOMでIntuosシリーズなど見てみる
広告