バイオハザード7は体験版も怖かった

え?au使ってるからすっごくお得!

バイオハザード7の体験版をプレイしたところ

PSVRを使わなくても臨場感ばつぐんで

とても怖い思いをしました。

 

 

 

今回の

バイオハザード7は

さくっと遊べる

長すぎないボリュームです。

(10時間でクリアした人もいるとか)

 

 

他のゲームよりボリュームは短いですが、

まとまったボリュームは

ダラダラした展開よりいいかもしれないです。

 

 

動画はCM用に作られてるからか、

マイルドになってます。

 

 

バイオハザード7は

体験版「バイオハザード7 ビギニングアワー」がPSストアからダウンロードできます。

(2016/01/30現在DL可能でした)

※体験版もPSVRが無くても遊べます

 

 

体験版でもPSVRを使うと

とても怖い思いができるそうです。

無料なのでお試しあれ

 

 

バイオハザードはどんなゲームなのか

シリーズを通して怖い場所(洋館や警察署)で生き延びて

事件の真相を追う感じのシナリオのサバイバルアクションです。

 

銃を拾っても充分な弾数があると限らない感じなので、

敵から逃げることも重要なシリーズでした。

 

 

 

バイオハザード4以降は

以前よりアクションゲーム寄りになりました

 

なかなか銃で撃ってグロい敵を倒すのは爽快ですし、

探索するのもゲームとして面白いです。

 

巨大な的との戦いに備えて

武器を強化したりすることも楽しみの一つでした。

 

 

 

バイオハザード7は

初期の雰囲気が出ています。

一人称視点になったことも特徴です。

過去作ではラジコンのような操作や、三人称視点でした。

 

一人称視点は臨場感抜群です。

特にPSVRでプレイしたらトラウマものです。

 

 

 

敵を倒すことよりも逃げることや

恐怖体験を味わうことに比重があるように感じます。

武器の強化も少ないです。

(PSVRでも動くように激しい動き抜きでのゲームなのかも)

 

 

バイオハザード7は

グロテスク版と通常版の二種類がある

 

グロテスク版は18歳未満禁止となっています。

北米版と比べるとグロテスク版でも規制がかかっているとの噂ですが、

それでもかなり怖いそうです。

 

 

「北米版」>「グロテスク版」>「通常版」

北米版が一番グロテスクでしょうが、

北米版は動作保証対象外です。

 

北米版でも日本語字幕、日本語音声が選べますが、

今後のアップデートに対応していない可能性もあります。

北米版はAmazonで買えます。

サポートなし、自己責任で良ければどうぞ

Amazonでバイオハザード7北米版を見てみる

 

 

バージョンごとの特徴

それぞれのバージョンは、

ゲーム本編のシナリオは同じですが

残酷な表現に違いがあるだけです。

 

 

 

 

グロテスク版は規制がかかっているのですが

それでもグロテスクです。

 

グロテスク版には人体欠損などの表現があるので

苦手な方は通常版を選びましょう。

 

 

 

 

グロテスク版か通常版か

 

あなたが大人で怖い体験をしたいならグロテスク版がいいかもしれません。

今後のアップデートも安心して待つことができます。

※18歳未満禁止

バイオハザード7グロテスク版を見てみる

 

 

グロテスク表現が苦手なら通常版で決まりです。

欠損表現が苦手だったり18歳になったことないならコチラ

バイオハザード7通常版を見てみる

 

 

 

まとめ

バイオハザード7は恐怖体験のアトラクションのような感じでしょうか。

激しいアクションよりホラー体験型ですね、

 

 

VRでするモードと

VR無しでのモードとワケてあっても良かったかも

 

 

今後もDLコンテンツでシナリオも増えるようなので

激しい戦闘もできたりするのかな?

 

 

ガンシューティングアクション要素よりも

ホラーゲームっぽさが気に入ればどうぞ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。