Irisって?どんなCPU?

え?au使ってるからすっごくお得!

Iris はIntelの新しいGPUコアのブランド

Iris graphics は、Core i シリーズ第4世代から登場した CPU 統合ビデオチップのことです。

今までのIntel HD GraphicsよりもCPU単体で高度なグラフィック処理ができます。

 

オンボードグラフィクスとして見ると

低設定のゲームなどができますが、

今までのオンボードグラフィックよりは快適でしょうけど、

デスクトップの場合、追加で安いグラフィックボードを積んだほうが同じ低設定だとしてもスムーズに動くでしょう。

 

 

 

本気でゲームをするのならデスクトップパソコンを選び、

CPUはCPUとしての処理能力を重視して選んで、グラフィック処理はグラフィックボードに任せるのです。

 

 

どんな場合にIrisが選ばれるのだろう?

グラフィックボードを追加しなくてそこそこのグラフィック処理がしたいだとか、

ノートパソコンに搭載させてグラフィック処理もある程度快適にしたい場合に需要がありそうですね。

 

 

 

ノートパソコンにグラフィックボードを付けるのは難しい

グラフィックボードを取り付けるのはマザーボードによっては可能な場合もありますが、基本的には出来ません。

 

・省電力を重視したらグラフィックボードはつけないほうが良い

・排熱が大変

グラフィックボードは追加で大きな電力が必要なので省電力を重視すれば省いたほうが良いでしょう。

またノートパソコンは排熱しにくい構造をしています。狭い空間にコンパクトにパーツを詰めてあるので空気の流れがさえぎられるからです。

PCって熱対策ができないと寿命がすぐ来ちゃいますね…

 

 

ノートパソコンにグラフィックボードは向いてないということです。

なので

取り付ける予定もないグラフィックボードを取り付けられる構造がマザーボードにも無いのです。

※グラフィックボードを無理やりつけてる人がいることもあるけど特別仕様なのです。

 

 

IrisはCPU単独でしかセッティングできないノートパソコンなどで活躍するでしょう。

従来のオンボードによるグラフィック処理性能と比べて強化されてますが、オンボードの域を出ないでしょう。

あくまで強化されたオンボードだと思っておきましょう。軽いゲームが動かせられるのが強み。

 

 

従来のオンボードより快適にはなるでしょうが本家グラフィックボードにはかないません。

ただ

ノートパソコンでできるゲームが増えるのは使ったら楽しそうです。そういった使い所で輝くガジェットを楽しむのも風情があると思いません?

最近のCPUって安くてもそれなりに動くから驚きますね

AmazonでCPUの価格を見てみる

GPUってなんだろ?かんたん解説

GPUとはグラフィックを処理する専門の演算装置のことです。

グラフィックボードとか、オンボードグラフィックのこと

 

 

細かく見ると2種類ある!?

CPUに組み込まれたGPUのことをiGPUと言います。

オンボードグラフィックはこちらの分類です。

 

(integrated GPU)インテグレイテッドとは結合した、合成した

という意味の言葉です。

 

 

 

オンボードグラフィックのメリット・デメリット

グラボ非搭載で使うCPUのチップなどによるグラフィック処理機能を知っておこう

 

メリット

低消費電力でグラフィックそれなりの処理ができる。グラフィックボードに予算をかけなくて済む。

デメリット

メインメモリにビデオメモリの役割をさせるのでパフォーマンスダウン。またグラフィック処理と通常のCPUの処理を1つのCPUにさせることになるのでCPUに負担がかかる。

3DゲームやHD動画編集をするのならオンボードよりグラフィックボードをつけましょう。

 

ちなみに、デスクトップパソコンに付けるグラボはdGPUといいます。discrete(ディスクリート)とう言葉は、分離した、個別のという意味です。

HDDは交換時がわかる

こんにちは

 

最近ではストレージはSSDが主流になりつつありませんか?

OS入れてソフトも入れるとサクサク動くようです。

 

確かにサクサク動くのでSSDを選びたいですが

パソコンに詳しい友人はあえてHDDを選んでいたのです。

 

HDDのカラカラ音で寿命と交換時期を判別

なんとそのワケは

「SSDだと壊れる時に予兆もなく突然壊れるから」だそうです。

確かにHDDならカラカラと音がしたりしてから壊れます。

 

音がしているなら寿命が近いかな?と分かった時点で

HDDなりSSDに買い替えてお引越しすれば良いわけです。

 

それを聞いて私は

寿命と交換時期がわかるなら

もう少しHDDでいいかと思いました。

 

でもSSDのサクサク感も味わいたいです。

しかし、私のPCのマザーボードは転送速度が前時代のもので

SSDに換装しても今のPCほど速度が出ないのです。

 

SSDは寿命が長くなっている

HDDは交換時期が音でわかるということです、

寿命自体はSSDの方が長いこともあるようです。

 

SSDにしてもHDDにしても寿命が来る前に交換することが大切です。

 

 

SSDの残りの寿命はソフトでチェックする方法もある

 

SSDLife Freeというソフトで残りの寿命を予測できるみたいです。

無料版ダウンロードはコチラから

インストールが必要ですが無料で使えます。

 

 

SSDが壊れるときは突然壊れるらしい

SSDは突然壊れるらしいので残りの寿命をチェックして怪しかったら次のSSDに乗り換えましょう。

また大切なデータはコピーするなどしてバックアップしておきましょう。

 

 

クローンソフトについての記事

バックアップもクローンも作れる有料ソフトについての記事

このようにクローンを作って引っ越しする選択もございます。

 

お役に立てられれば光栄です。

スポンサーリンク

ええっ!USBメモリーってデータ消える時があるの?

USBメモリーは便利で簡単にデータ保存できます。

しかし、長期保存すると大切なデータが消えてしまいます。

 

USBメモリーのデータが消える仕組みってどういったものでしょう?

対処法はあるのかな?

 

 

 

そもそもUSBメモリーってどんなものなの?

電源を落とした後でも保存したデータが消えない、読み書きが高速、複雑な機械が入ってないので故障する心配が少ないなどといったことが特徴です。

USB接続できるフラッシュメモリー

電源が入ってない状態でもデータが消えないメモリーなのですが、読み書きするときだけ電源が入っていればいいという便利な保存媒体なのですが…その性質には弱点がありました。

 

 

長期間放置すればデータが消える

USBメモリーに保存したデータはずっと残るわけではないのです。どういった時に消えるのかというと保存した後にずっと電源を入れないでいると消えてしまいます。

自然に放電したらデータも消えるイメージです。

なんだか電池みたいなイメージですね、(放っておくと電池の中身って消えていきますし)

 

どのくらい放置したらデータが消えるの?

電源が入らない環境で、放置した時間が長いほど保存したデータが消えやすくなります。

10年以上放置したら消えるという事も言われるみたいですが、5年放置してたら消えたということもあるようです。

USBメモリーは長期保存に向いていないのかもしれませんね。

 

 

「SLC」「MLC」「TLC」この中でも一番安い「TLC」を使ってある場合

TLCタイプのフラッシュメモリは書き換え回数の上限も低くデータの保存し続けれる期間も短いタイプです。長持ちしないものとして考えましょう。

安いUSBメモリーはTLCタイプのフラッシュメモリが使ってあることが多いです。

5年持たないと思うべき

こういった製品は耐久力が低いので500回程度の書き込みができれば良しと考えましょう。

期間的には持って数年です。5年も持たないと思ってください。

 

 

USBメモリーは消耗品として考える

すべての家電は量産品であり、いつか壊れます。保存したデータはいつか消えるので半永久的に使用することはできません。

 

大切なデータは複数にコピーして記録して対処しよう

同じタイミングで消えないなら残るかもしれません。複数保存して備えましょう。

もう少し長く持つHDDやDVD-Rなどに保存すれば長めに保存できるでしょう。

複数のメディアを使い分けるのはいかが?

EaseUS Todo Backup Workstation 10.0 使ってみた

Todo Backup Workstation 10.0

(トゥドゥ · バックアップ · ワークステーション)はPCの環境をバックアップしたりできるソフトです。

 

 

 

今回は

実際に外付けHDDにバックアップしてみました。

 

 

 

Todo Backup Workstation 10.0 (トゥドゥ · バックアップ · ワークステーション)を使ってみた感想

バックアップ自体は早かったです。

操作も簡単でした。

 

 

 

 

Todo Backup Workstation 10.0

(トゥドゥ · バックアップ · ワークステーション)の使い方

やってみるとわかるけれど、簡単な手順でバックアップができました。

 

 

公式サイトからDLします

※写真は2017年09月現在のものですので時間経過で違うデザインに置き換わっている可能性もございます。

 

 

 

 

無料体験版か有料版を選んで

画面の指示通りにダウンロードします。

 

Todo Backup Workstation 10.6 無料版 ダウンロードページ

※記事を更新したために、新しいバージョンへのリンクに変更させていただきました。

 

 

ダウンロードが終わったら

ダウンロードしたファイルをあなたが今持っているセキリティソフトでスキャンしておいてください。

 

どんな公式データであってもダウンロード途中の工程でよからぬファイルがまじる場合があるそうです。私は毎回スキャンするようにしています。

 

 

 

 

画面の指示通りにインストールしてください。

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

デスクトップにショートカットも作っておきました。

ダブルクリックで起動してみると

 

シンプルなメニュー画面ですね。わかりやすい!

%e8%b5%b7%e5%8b%95%e5%be%8c%e3%81%ae%e7%94%bb%e9%9d%a2

 

デフォルトのままよりも

用途に応じていじりたいので設定を探してみます。

 

 

 

画面右上の▽マークにカーソルを当てると設定の項目がありました。

%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%932

 

設定をいじるとすれば

バックアップの保存先を変更したいですね

 

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%82%92

 

 

 

 

 

私の場合は、

Cドライブにバックアップを保存しようとすると満杯になってしまうので、

外付けHDDドライブに保存する設定にしました。

backup%e5%85%88

残りの項目はお好みでチェックボックスをいじってください。

要らない機能にはチェックを外しておきます。

 

 

 

 

今回は、

Windows が入っているシステムのバックアップを行ってみます。

 

 

タスクの項目の「新しいタスク」をクリック

システムバックアップという項目にチェックを入れて実行を選びました。

 

%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e5%ae%9f%e8%a1%8c%e5%89%8d

 

あとは自動的に進むので待つだけでした。

待ち時間は環境によります。例えばシステムドライブの容量が多ければバックアップにも時間がかかるでしょう。

 

 

 

ここで、いらぬことを!しました…

私がバックアップ完了まで待っている間に、メニューをいじりましたところ…%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%82%af%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e3%80%80%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%8b%e3%82%82

タスク詳細→バックアップイメージと選んだら読み込みが終わらないことに…

 

 

せっかちな私は、待ちきれずにソフトを強制終了させてもう1度やり直しました。

(バックアップしながらいろいろいじらないほうがいいですね。)

 

 

 

 

 

そしてやり直し

 

ソフトを終了させてから

もう一度バックアップを選びました。

 

作業を選んで待つと…

なんと、36分で完了!

今回私の場合USB3.0を環境下なのか時間がかかりませんでした。

%ef%bc%93%ef%bc%96%e5%88%86

バックアップ自体は Windows 標準のものよりは早いと思います。

 

 

 

 

Todo Backup Workstation 10.0はWindows 標準のバックアップよりも細かなオプションがある

システムのバックアップの速度以外にも様々なオプションがあるのがメリットと言えます。

 

 

 

 

ディスクイメージバックアップでは

ディスク、ボリューム全体をブロック単位でイメージバックアップできます。

例えば、システム全体だけでなく保存領域の一部だけをバックアップしたりもできるようです。

 

 

 

これらはスケジュールバックアップで週に1回または月に1回などと予約もできます。

 

TSJ93_hohowotuneru20150208142338_TP_V

 

バックアップオプションから圧縮率も指定できる←どう使うの?

これは「バックアップの容量を最小にしてバックアップファイルを作る」ときに使えます。

 

 

つまり、

残りのハードディスクの容量が気になるときに使うオプションです。

 

 

Windows 標準のバックアップでは容量が足りなくなるのをTodo Backup Workstation 10.0なら圧縮率を高く設定してみてください。

 

そうすれば保存容量が少なくてもバックアップ可能です。

(圧縮するときの工程で時間はかかります。)

 

 

 

私の感想

この圧縮するオプションは便利ですが、高い圧縮率でバックアップしたデータはそこまで信用できませんね。

圧縮したバックアップは残り容量がどうしても足りないなどの非常用でしかありません。

 

 

復元がちゃんとできればいいのですが、ちょっとした変更が原因でバックアップに失敗する場合もあるのが怖いです。

-shared-img-thumb-tsuruno15_TP_V

どうしたら良いのか?

なので、本当に重要なデータは圧縮せずにバックアップしましょう。

さらに、バックアップとして保存するだけでなく、そのままのデータをUSBメモリなどにコピーしておくのも重要です。

 

 

例えば写真や音楽などはコピーして保存しています。容量もそんなに多くないので、圧縮してなくてもどうにかなります。

 

 

バックアップツールにしても、

確実に復元できるとは限りません。

 

確実じゃないけど

何もしないよりマシ程度に考えています。

 

 

 

 

私の結論「両刀使い、しかもバックアップを複数用意しておく」

やはり使い方次第なので重要なデータはWindows標準のバックアップとツールでのバックアップ両方用意しておきたいです。

EaseUS Todo Backup Workstation 10.0も細かなオプションと素早いバックアップツールとしては悪くないでしょう。

 

 

今回はバックアップしか実行しませんでしたが、

バックアップよりもクローン作成がメインディッシュなのかもしれません。

HDDからSSDへ引っ越す場合に便利そうです。

 

 

 

EaseUS公式ページはこちら

 

 

バックアップソフト

EaseUS
Todo Backup Workstation 10.6 無料版 ダウンロードページはこちら

※記事を更新したために、新しいバージョンへのリンクに変更させていただきました。

 

 

セクタバイセクタ機能についての記事