サクラエディタ 定番の文章編集アプリケーション

え?au使ってるからすっごくお得!

Windowsで動作する

日本語テキストエディタをご紹介します。

 

テキストエディタとは

文章(テキスト)を編集するためのアプリケーションのことです。

 

 

 

 

サクラエディタは

すごくポピュラーで歴史が長い定番エディタです。

 

 

 

 

プログラミングで使ったりするらしいですが、

 

私の場合は、

ブログ記事を保存するために使っています。

 

 

 

 

 

メモ帳だと

細かい記号みたいなテキストがうまく保存できなかったのですが、

サクラエディタでは簡単にできました。

(私のやり方が悪い可能性があります…)

 

 

 

 


サクラエディタをインストールしよう

無料でDLはして使うことができるエディタです。

DLはコチラhttp://sakura-editor.sourceforge.net/download.html

 

 

 

1,ダウンロードしよう

上の方のリンクのV2(Unicode版)というのをダウンロードしてください。基本的に最新版を使いましょう。

 

 

 

 

2,インストールしよう

インストールするには、

ダウンロードしたsakuraファイルをダブルクリックします。

※「sakura」というファイルは

右側にアプリケーションと書いてあるのが特徴ですね。

 

 

(警告が出ますが

セキュリティースキャンもした後だし、

インストールしちゃいます。

 

サクラエディタにかぎらず

DLしたファイルはスキャンしてから使うといいですよ。)

 

 

 

インストールするには

「実行」を選びます。

 

 

コチラの表示の場合は「はい」を押します。

 

 

 

セットアップという

インストールの準備段階に入ります。

 

 

表示を確認しつつ

問題なければ「次へ」を押します。

 

保存先を決めます。

任意の場所を決めたら「次へ」を押します。

 

 

必要なものを選びましょう。

私は、全部必要だと思いました。

このまま「次へ」を押します。

 

 

ここはいじらないほうが良いでしょう。

私も詳しくありません。

いじりませんでした。

 

いじらずに「次へ」

 

プログラムアイコンを作る場所を指定します。

「次へ」を押します。

(私はそのまま次へを押しました。)

 

 

必要なメニューを作る事ができるようです。

ショートカットにアイコンが必要なものを選んでください。

選んだら「次へ」を押します。

 

最後の確認をして

もし良ければ「インストール」を押します。

 

しばらくお待ち下さい…

 

 

そしてしばらく待っていると…

完了します。

おめでとうございます。

 

あなたは、

サクラエディタで文字を書くことができるようになりました。

 

起動するには

こちらのアイコンをダブルクリックしましょう。


基本的な使い方

新しいファイルを作ります。

新しいコピー用紙を用意するようなものです。

かんたんですよ。

 

まずデフォルトで

ページが出るはずですが、

新しくページを開きたい場合は

[ファイル]メニュー →[新規作成]を選んでください。

 

 

そして、

テキストを書いたり

コピーしたテキストを貼り付けて

満足するまで書きます。

 

 

書くことが完成したら

[ファイル]メニュー →[名前を付けて保存]

 

 

そして

名前をつけて任意の場所を指定して保存します。

(需要なファイルは半角アルファベットで書くといいそうです。)

 

参考ページhttp://blog.black-and-lemonade.com/2015/03/30/charcode

(どうやら日本語でファイル名を書くと、

文字化けするようです)

 

 

 

あとはファイル形式も選びましょう。

私はUTF-8にしました。

そして保存を押して完成です。

 

指定した場所に、

ファイルが保存されたはずです。

 

 

他にも色々できるでしょうが、

基本的なことはコレでいいでしょう。

 

わからないことは検索してみてください。

ユーザー数が多いアプリケーションなのでヒントはたくさんあるでしょう。


終わりに

テキストエディタは

数字やテキストで作られたファイルを作ることに使います。

 

 

使わない人は使わないかもしれませんが、

ちょっとしたメモを作るのにもメモ帳よりは

使いやすいかなと思います。

 

良かったら使ってみてください。

 

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただきありがとうございます。

デバイスって何でしょう?

「デバイス」とは何でしょう?

 

 

私はPCを使っていても

難しい操作をすることはあまりありません。

 

機能がたくさんありすぎていて

普段はなかなか使わない機能が盛りだくさんです。

 

 

 

私がシドロモドロになりながら検索して勉強したことを

今回も発表していきます。

 

 

 

 

デバイスとは?

「デバイス」…

横文字でわからないことがあったら

日本語にしてみましょう。

 

 

※大丈夫です。

私のほうが横文字は苦手です。

(英語を見つめていると、記憶がなくなります…)

 

 

 

 

デバイスという言葉を日本語にすると

デバイス器具工夫考案仕掛け工具

 

 

パソコン用語としては、

「機器、装置」という意味が一番近いのではありませんでしょうか?

(器具や工具ではパーツの取付けをしているようですし)

 

 

実際に、

パソコンを使っていたら

「デバイスマネージャ」とか出てきますね。

これは、「機器管理」と読んでみましょう。

取り付けた何らかの機器を管理する機能ですね。

 

 

 

(最初はデバイスマネージャという項目をみたら

「ゴチャッ」っと文字だらけの画面で混乱しますよね…)

 

 

混乱したときは

無闇にいじらないようにして、

一回ネットで検索するといいですよ。

 

 

試しキーボードのドライバを消してから

入れ直してみました。

 

 

ついでに新しいドライバが存在するかなと思って

更新してみましたが…

 

 

 

どうやら最新版が入っていたようなので安心しました。

(新しいドライバがハズレのときもあるみたいですけど…)

私のキーボードのドライバは平和でした。

 

 

 

ということで

デバイスというのは

機器や装置と読んでみてください。

 

きっと意味が通じると思います。

 

 

 

ここまで読んで下さって

たいへんうれしいです。

 

またいらしてください

それでは、またお会いしましょう

スポンサーリンク

【Kindle Unlimited】とは 知っておきたい便利サービス

Kindleとは?

Kindleはオンライン通信販売サービスのAmazonが行っている

「電子書籍販売サービス」です。

 

 

Kindle電子書籍サービスは、

専用端末を用意しなくてもAmazonが提供している

コチラの無料アプリを使えば、

パソコン、Mac、Android、iOS(スマホ、タブレット)で楽しむことができます。

 

有料ばかりでなく無料の電子書籍もあります。無料で電子書籍を読んでみる

 

 

 

Kindle Unlimitedは、月額課金制のAmazonが行っている「読み放題サービス」です。

 

 

Amazon(アマゾン)での電子書籍Kindle(キンドル)を見てみると0円と表記されてるアレです。

0円で売ってるものではなく月額980円を支払って契約していると追加料金無しで読めるというサービスなのです。

 

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

 

 

 

 

 

全部の電子書籍が読み放題になるわけではない

まず、

980円の課金をしてもすべての電子書籍が無料で読めるわけではありません。

対象になっている電子書籍だけです。

 

シリーズ物の場合は殆どが全巻読み放題ではありません。読み放題対象は最初の数巻だけだったりします。

 

 

 

読み放題の対象になる電子書籍はコチラでは選べませんし、

少し前に発売された本が対象になるようです。

新しい本や、流行りの本が気になる場合はKindle Unlimitedではなく、個別に買うとムダがないです。

 

 

 

DLしてストックできる本は10冊まで

課金して読み放題の状態で気になる本を全部ダウンロードすればいいと思いますが、10冊までしかダウンロードして持ち運べません。

 

11冊目をダウンロードしたい場合は、どれか一つを消さなければいけません。

 

 

10冊も持ち運べば電車の中で読む目的ならば、困らないかとは思います。

家に帰ってから読んだ本を削除して、別の本をダウンロードするのも面白いです。

読み放題の対象はおよそ和書12万冊、洋書120万冊もあるので読みきれないでしょう。

 

 

本探しに使える

まずは気に入った本が読み放題対象か確認してみましょう。

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

読み放題対象の本+他の本を漁る場合には試してみるのも良いでしょう。

ランダムで読み放題が選ばれるので(少し古いけど)、以外に知られざる良本の発見があるかも。

雑誌なんて2冊も読めば元がとれますよね。

 

 

 

 

 

 

KindleUnlimitedは

オンライン版の

有料の貸本/図書館のようなサービスですね。

 

近所に本屋さんがない場合に便利です。

交通費もかかりません。

 

 

 

1,まずは気に入った本が対象にっているのか見てみましょう。

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

2,Kindle Unlimitedに加入してみる

月額980円でお目当ての電子書籍とほかの対象電子書籍を読めます

Kindle Unlimitedはこちらから

 

 

「偶然出会った本がとても気に入った」なんて素敵なことがありますように