BTOでのCPUの選び方 役割を決めておく

え?au使ってるからすっごくお得!

パソコンを買う時のCPUのグレードによってできることが違います。選ぶときに迷わないために知っておきましょう。

CPUは処理能力の限界がグレードによって違います。グレードの高いCPUなら負担がかかる処理もスムーズに出来ます。

逆にグレードの低いCPUに負担のかかる処理をさせると処理が出来ても動作が遅かったりパソコンの動作が安定しなくなったり、場合によっては処理に失敗してエラーが出たりします。

-shared-img-thumb-MIYAKO92_minaminosimadenomado20140727_TP_V

今回の記事でどのCPU にどんな役割をさせたらちゃんと使えるのか?選ぶ時の参考にして下さい。

インテル系のCPUの適した役割

「インテル系CPU」以外に「AMD系CPU」がありますが処理能力の高いインテル系のお話です。

-shared-img-thumb-CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V

Core i7

高負荷の処理でも平気なパワフルなやつ、YouTubeなどに投稿する動画処理もへっちゃら! ほかには写真の加工やハイクオリティーなゲームをさせても大丈夫です。

こういった専門的な動作なら「Corei7」を選びましょう。でも、すごいけどお値段は高くなります。

 

Core i5

価格と性能のバランスが取れています。3Dでも軽いゲームなら動きます、高設定のグラフィックでなければいけるでしょう。

イラストソフトの場合ですとSAIなどもスムーズに動きます。CPUはこのグレードでも十分です。予算があり、よりイラストソフトを快適に使いたい場合はCPUをこれくらいにしてメモリの容量の多いオプションをを選ぶべきです。イラストソフトにはメモリのほうが重要です。

※注意すること SAIはよくてもPhotoshopを動かす場合にはフルに動かないかも知れません。何枚もレイヤーを表示させたら重いと思います。

最高の処理はできないけれどそこそこなら大抵動くCPUが「Core i5」です。

 

Core i3

予算を抑えてもスムーズに動画を見たいならこれです。更に下位のCPUよりも少しの追加予算で快適にパソコンが使えます。

ゲームは3Dは余り期待できません、特にグラフィックボードをオプションで選んでないでない場合は余り多くを望めません。ゲームなら2Dまでと考えましょう。

SAIなら動くでしょうが余裕がないです。より安定した動作を求めるなら上位のものを選びましょう。

 

PentiumやCeleron

ギリギリの性能です。事務処理がぎりぎりできるかどうかぐらいです。

特徴 処理能力が低いですが簡単な書類作成やウェブサイトを閲覧するくらいは出来ます。安いので予算を抑える時に選びます。


 

CPU選びの決め手 特殊な用途に使うかどうか?

CPUが高性能な物を選ぶべき場合

処理に負担が大きいソフトを使うのかどうかが決め手。

例えば3Dゲームを快適に遊びたいならCPUが良くないと他のパーツにお金をかけてもスムーズな描画が期待できません。ゲーミングパソコンのお買い得品

動画編集のエンコードもCPUの処理能力が物を言います。低負荷CPUでは、まず作業できないでしょう。

PhotoshopなどはCPUよりもメモリ食いのソフトですが、CPUが高性能で困ることはないし余裕があったほうが寿命が長くなるので良いです。

 

CPUが高性能でもあまり意味が無い場合

ネットを閲覧するだけとか、動画も見ないとか、メモ帳いじるだけとかです。サブ機でお金を掛けたくない場合や検索に使うだけのパターンです。

こういう軽い使い方をするのも有りです。複数のタブを開かなければCorei7を積んでも、Celeronでも大差無いでしょう。


「ギリギリのCPU」と「余裕のあるCPU」どう違うの?

-shared-img-thumb-PAK86_hentaiishi20140321_TP_V

ギリギリのCPUを使うとどうなるのか?

それは処理中のCPUの部品から高い熱が出ます。するとパソコンの寿命が短くなります。長く使いたい場合は余裕のあるCPUを選びましょう。

熱はホコリでも上がるのでこまめに掃除もしましょう。

 

まとめ

CPUは使用目的の処理にどれくらい負荷がかかるかで選ぶ。

ビジネス用パソコンの選び方

ゲーミングパソコンのお買い得品

ノートパソコンの上手な選び方

「マウスコンピューター」コストパフォーマンス最高

マウスコンピューター/G-Tune

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。