【Kindle Unlimited】とは 知っておきたい便利サービス

え?au使ってるからすっごくお得!

Kindleとは?

Kindleはオンライン通信販売サービスのAmazonが行っている

「電子書籍販売サービス」です。

 

 

Kindle電子書籍サービスは、

専用端末を用意しなくてもAmazonが提供している

コチラの無料アプリを使えば、

パソコン、Mac、Android、iOS(スマホ、タブレット)で楽しむことができます。

 

有料ばかりでなく無料の電子書籍もあります。無料で電子書籍を読んでみる

 

 

 

Kindle Unlimitedは、月額課金制のAmazonが行っている「読み放題サービス」です。

 

 

Amazon(アマゾン)での電子書籍Kindle(キンドル)を見てみると0円と表記されてるアレです。

0円で売ってるものではなく月額980円を支払って契約していると追加料金無しで読めるというサービスなのです。

 

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

 

 

 

 

 

全部の電子書籍が読み放題になるわけではない

まず、

980円の課金をしてもすべての電子書籍が無料で読めるわけではありません。

対象になっている電子書籍だけです。

 

シリーズ物の場合は殆どが全巻読み放題ではありません。読み放題対象は最初の数巻だけだったりします。

 

 

 

読み放題の対象になる電子書籍はコチラでは選べませんし、

少し前に発売された本が対象になるようです。

新しい本や、流行りの本が気になる場合はKindle Unlimitedではなく、個別に買うとムダがないです。

 

 

 

DLしてストックできる本は10冊まで

課金して読み放題の状態で気になる本を全部ダウンロードすればいいと思いますが、10冊までしかダウンロードして持ち運べません。

 

11冊目をダウンロードしたい場合は、どれか一つを消さなければいけません。

 

 

10冊も持ち運べば電車の中で読む目的ならば、困らないかとは思います。

家に帰ってから読んだ本を削除して、別の本をダウンロードするのも面白いです。

読み放題の対象はおよそ和書12万冊、洋書120万冊もあるので読みきれないでしょう。

 

 

本探しに使える

まずは気に入った本が読み放題対象か確認してみましょう。

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

読み放題対象の本+他の本を漁る場合には試してみるのも良いでしょう。

ランダムで読み放題が選ばれるので(少し古いけど)、以外に知られざる良本の発見があるかも。

雑誌なんて2冊も読めば元がとれますよね。

 

 

 

 

 

 

KindleUnlimitedは

オンライン版の

有料の貸本/図書館のようなサービスですね。

 

近所に本屋さんがない場合に便利です。

交通費もかかりません。

 

 

 

1,まずは気に入った本が対象にっているのか見てみましょう。

Unlimited対象の電子書籍はコチラから

 

2,Kindle Unlimitedに加入してみる

月額980円でお目当ての電子書籍とほかの対象電子書籍を読めます

Kindle Unlimitedはこちらから

 

 

「偶然出会った本がとても気に入った」なんて素敵なことがありますように

ARM系CPUでWindows 10動かせる?ARMってなんだ?

ARM CPUで動く「PC向けのWindows 10」が登場

x86、ARMでそれぞれ専用にプログラムは作られています。

x86で動かせるプログラムはARMでは動かせません。

 

 

そのため、

Windows 10系OSは

PC向けにx86版、

スマートフォン向けにWindows 10 Mobileが存在します。

 

 

2017年の何処かで新しくARM系CPUで動かせるWindows 10がリリースされるとの噂があるのです。

 

 

 

その前に、

ARMとは何なのでしょうか?


ARM(アーム)社というCPUコア設計の会社です。

といっても工場でCPUを製造するのではなく、設計図を作って特許を取って半導体メーカーに売るのがお仕事。

 

 

 

ARM社って大きい会社?


とても大きな会社です。それこそ世界規模の会社です。2016年にソフトバンクがおよそ3兆円で買収しました。でもCPU生産工場は一つも持ってません。

 

 

 

ARMのCPUって?


AMRのCPUは主にスマートフォン向けCPUとしてシェアを広げています。消費電力が少なくバッテリーの持ちが気になるスマートフォンに最適ですね。

 

CPUコアの設計ライセンスも多数ありますが、有名なのはAppleのiPhone4以降ののCPUの設計でしょう。iPhone4のCPUはAppleの独自開発ですが、設計の一部をARMが行っているのです。

 

 

 

ARM系CPUでWindows10を動かすと?

ARM系CPUならスリープ時の消費電力はIntel系CPUよりも少なくて済みます。

バッテリーが長持ちするというわけが一つの理由。

 

LTEなどのセルラー回線を使ったデバイスを使う時にすんなり使えるみたいです。モバイル用途にはいいんじゃないでしょうか。

 

 

そしてこっちが本命でしょう。

32bit版Windowsアプリケーションもエミュレーターで動かせる

他にはWindowsアプリが使えるそうですが、

うーん…どうなんでしょうね。

 

うちのPCのアプリって64bit版ばかりなのですが…

リリース直後は、

使えるアプリなんて殆どなかったりして…

 

 

 

どうなるんでしょう?

ARM版Windowsには、x86(今のPC)で使えるソフトをエミュレータで動かせる機能が搭載されるようですが、重いソフトは快適に使えないでしょう。

軽いソフトやウェブ閲覧に限って使うだとかしてx86版とうまく住み分けしそうじゃないでしょうか?

 

スポンサーリンク

RSSとは? Feedlyを使ってみた

こんにちは

ウェブサイトを歩き回っていると目にするRSSとは何なのでしょうか?

どうやらRSSは

とっても便利なお知らせ機能のようです。

 

使いこなしたらブログの更新情報を一個ずつ調べなくていいみたい。

 

 

 

RSSはお知らせしてくれる

気に入ったブログがあって更新されるのを待ちますよね。

でもブログが更新されたかどうかって実際にブログに行ってみないとわからないです。

 

 

たとえば

好きなアーティストのブログが更新されたか知りたいときに

ブックマークで訪問したら更新されてるか確認できますよね。

訪問するまで見れないのが難点です。

 

 

もし

複数のアーティストのブログ更新されているか知りたいときにはどうしたらいいでしょう?

 

あっちこっち訪問するのはめんどくさいですよね

しかも、訪問するまで更新されてるかわかりません…

 

 

 

そこで、

RSSの出番です。

RSSリーダーというツールは各種あります。

 

 

RSSリーダーは更新されたブログをチェックする前に更新されていることがわかるおしらせ機能ツールです。

(ちなみに、RSSとは

「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略です。)

 

 

 

定番のRSSリーダー「Feedly」

ブログが更新されたらRSSリーダーがおしえてくれます。複数のブログの更新状態であっても、すべてのブログに訪問しなくても更新されたのかわかります。

 

Feedlyは複数のデバイスで使える

「feedly(フィードリー)」はwebサービスなのでPCでもスマホからでも使えるので便利です。

 

 

 

「feedly」をPCから使ってみた

Google Play版

Apple Store版

feedly公式サイト

 

 

 

PC版の場合公式サイトからグーグルアカウントでログインしました。プラグインみたいな使用感です。

 

 

都合のいいアカウントを使ってログインすると、

許可を求められるので「許可」をクリックしました。

メニュー画面は英語ですがここはChromeの翻訳機能でなんとかなりました。

 

メニュー画面左下のコンテンツを追加→ソースでこんな画面が出てきました。

 

 

検索ボックスに気になる情報を入れてエンターを押すと…

 

パソコンと入力したらパソコン関係の情報が出てきました。

気に入った情報があればTwitterみたいにフォローする感じみたいです。フォローした情報は今後追跡できる感じです。

 

 

記事も一覧で出るみたいだしネットで情報収集するなら便利なツールですね。

英語だとわかりにくいインターフェイスですがChromeの翻訳を使えば快適でした。

 

遊びではややめんどくさい印象ですが

ビジネスで情報収集をされるなら使えるツールかもしれません。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

また読んでください。

よかったら他の記事もどうぞ♪