Windows7でのスタートアップの設定 自動起動をOFFにする方法

え?au使ってるからすっごくお得!

スタートアップは

サインインしたときに

自動で動いてくれるプログラムを設定できる機能です。

 

 

 

 

アプリケーションをインストールしたときに

自動的にスタートアップに登録されることもありますが、

 

必要ない時には無効にしたいですよね。

 

 

 

 

 

そんなときのために、

 

Windows7 での、

スタートアップの有効/無効やり方をお伝えします。

 

 

 

 

 

Windows7で スタートアップを無効にする


 

 

パソコンには、

動作に必要なシステムや

セキュリティソフトなどが、

パソコンを起動したときに自動的に動くように設定されています。

 

 

 

あまり使わないようなアプリケーションは

無効にしてもいいですが、

 

 

重要なプログラム、

セキリティソフトなどは

自動で起動した方がいいでしょう。

 

 

パソコンの動作に必要なプログラムや

セキュリティに必要なアプリケーションは、

無効にしないようにしてください。

 

 

 

 

 

私がお伝えする方法では、

「システム構成」から無効にします。


 

1,「スタート」→「コントロールパネル」の順に選びます。

 

 

2,「コントロールパネル」から

「システムとセキュリティ」を選びます。

 

 

 

※もしも、アイコンだけの表示されて

「管理ツール」が選べる場合は

「管理ツール」を選んで手順4に進んでください

 

 

 

 

3,「システムとセキュリティ」から
「管理ツール」を選びます。

 

 

 

 

4,「管理ツール」から「システム構成」を選びます。

 

 

 

5,「システム構成」から

「スタートアップ」がまとめてある箇所にたどり着きます。

 

 

(こういうまとめてあるのは、「タブ」と言うそうです。)

 

 

 

まずスタートアップを選んで表示してみると、

こんな画面が出るはずです。

この画像の左端の四角い枠を選んで

印をつけたり、外したりできます。

 

 

 

印がついている状態ではON

印がついてない空白の四角ならOFF

 

 

まるでスイッチのようですね。

(理科の実験の豆電球が懐かしいです。)

 

 

 

使いたくないアプリケーションの

四角をクリックして

空白にして、下の方にあるOKを選びます。

 

 

 

6,「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要…」という確認画面が出ます。

 

 

用事が済んでいて再起動しても問題なければ

「再起動」を選んでください。

 

即座に再起動が始まり

選んだ設定が反映されます。

 

(この時点ではじめて、

OFFにした設定が適応されます。)

 

 

 

もしも、

再起動しては困る場合は

「再起動しないで終了する」をクリックします。

 

(次回立ち上がったら

設定が反映されるでしょう)

 

 

 

 

 

逆にスタートアップに設定して

自動で立ち上げたいアプリケーションがあるのなら

 

四角の部分にチェックしてOKを選び、

再起動したら設定が反映されます。

 

 

 

くれぐれも

必要なアプリケーションやプログラムを

OFFにしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

読んでくださって

ありがとうございました。

 

それでは

またいらっしゃって下さい

HDDのスリープ解除のやり方は5つの手順でできる!

追加した内蔵HDDが

キビキビと反応しない…

 

 

追加したHDDだけ

普段は寝てて反応がワンテンポ遅れるあの感じ…

 

 

 

 

でも、

ちょっとだけPCの設定をいじったら直りました。

 

 

 

同じ症状の方向けに

ここで公開しておきます。

 

 

 

追加した内蔵ハードディスクの反応が遅れる時の対処法

 

 

ハードディスクを追加する方法に

間違いがあったわけではありません。

 

 

ちゃんとデータを保存する事もできますし、

保存したデータが消えることもありません。

 

 

 

 

ではなぜ、

ハードディスクドライブの反応が遅れるのかというと

 

 

 

 

 

 

HDDの反応が遅くなっていたわけ

 

「Windows側の設定で

省電力設定になっていたから」です。

 

 

 

省電力設定だったために、

 

数分間アクセスが無い場合には

内蔵ハードディスクドライブをスリープさせていたようです。

 

 

 

 

 

そのためデータを保存しようとアクセスをしても

すぐさま反応してくれる。

 

 

 

スリープから起こす動作があっって、

 

そこからようやくデータを保存していたのが

時間がかかっていた原因でしょう。

 

 

 

ハードディスクドライブの省電力設定を変更する方法

OS側で省電力設定をやめてしまえば

サクサク動くのではないかと試してみました。

 

 

 

結果的に

省電力設定をやめた後は、

内蔵ハードディスクはサクサク動くようになりました。

 

 

 

※補足

Windows7

PC はデスクトップといった環境で行いました。

 

 

 

 

1,キーボードのWindowsボタンから

「コントロールパネル」へ

 

 

 

 

2,ハードウェアとサウンドの項目の中から

電源オプション付近の「省電力設定の変更」を選びます。

 

 

 

 

3,電力設定から

好みのプランを選びます。

 

私は消費電力を気にせず

高パフォーマンスのプランを選びました。

 

 

 

 

次に「プラン設定の変更」を選びます。

 

 

 

4,プラン設定の変更を選ぶとこの画面になります。

ディスプレイの電源を切りまでの長さと

コンピューターをスリープにするまでの時間を設定できます。

 

 

 

 

 

私は時間が経過してもディスプレイの電源を切りたくないので「なし」にしました。

そのまま「変更の保存」を押します。

 

 

スリープ機能も

スリープから復帰しない現象が起きて欲しくないので

スリップしない設定にしました。

 

 

 

ディスプレイとスリープの設定が済んだら

「詳細な電源プランの変更」を選びます。

 

 

 

5,いよいよ目的の項目がやってきました。

 

「ハードディスク」の +をクリックしたら

みょーんとメニューが出てくるはずです。

 

 

 

 

 

「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」

という項目が

 

増設ハードディスクがスリープになってしまい、

機敏に動かない原因です。

 

 

 

この項目を

「なし」にします。

 

 

画面の小さい矢印の

下ボタンをクリックして

 

20分の項目がだんだん数字が少なくなって…

「なし」になりました。

 

 

 

あとは「OK」を選ぶだけです。

 

 

「OK」は

ウィンドウの下の辺にあるはずです。

 

 

 

 

クリックしたら完了なので

 

右上の×をクリックして

ウィンドウを閉じてしまいましょう。

 

 

 

これで

ハードディスクドライブのスリープ設定の変更作業は

終わりです。l

 

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

これでちょっとしたファイルを

増設したハードディスクに保存した時に

待たされることがありません。

 

 

 

 

サクサク歩行する事ができるので

ストレスレスです。

 

 

 

終わりに

もしもノートパソコンで

 

こういった設定をすると

消費電力が上がってしまうので

バッテリーがすぐなくなるかもしれません。

 

 

 

 

逆にデスクトップの場合は

ほんの少し電気代がかかるぐらいでしょうね。

 

 

 

 

 

サクッと動くほうがいいのならば、

 

今回の方法で

設定をいじってみると良いでしょう。

 

 

 

 

それではまたいらしてください。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク

サクラエディタ 定番の文章編集アプリケーション

Windowsで動作する

日本語テキストエディタをご紹介します。

 

テキストエディタとは

文章(テキスト)を編集するためのアプリケーションのことです。

 

 

 

 

サクラエディタは

すごくポピュラーで歴史が長い定番エディタです。

 

 

 

 

プログラミングで使ったりするらしいですが、

 

私の場合は、

ブログ記事を保存するために使っています。

 

 

 

 

 

メモ帳だと

細かい記号みたいなテキストがうまく保存できなかったのですが、

サクラエディタでは簡単にできました。

(私のやり方が悪い可能性があります…)

 

 

 

 


サクラエディタをインストールしよう

無料でDLはして使うことができるエディタです。

DLはコチラhttp://sakura-editor.sourceforge.net/download.html

 

 

 

1,ダウンロードしよう

上の方のリンクのV2(Unicode版)というのをダウンロードしてください。基本的に最新版を使いましょう。

 

 

 

 

2,インストールしよう

インストールするには、

ダウンロードしたsakuraファイルをダブルクリックします。

※「sakura」というファイルは

右側にアプリケーションと書いてあるのが特徴ですね。

 

 

(警告が出ますが

セキュリティースキャンもした後だし、

インストールしちゃいます。

 

サクラエディタにかぎらず

DLしたファイルはスキャンしてから使うといいですよ。)

 

 

 

インストールするには

「実行」を選びます。

 

 

コチラの表示の場合は「はい」を押します。

 

 

 

セットアップという

インストールの準備段階に入ります。

 

 

表示を確認しつつ

問題なければ「次へ」を押します。

 

保存先を決めます。

任意の場所を決めたら「次へ」を押します。

 

 

必要なものを選びましょう。

私は、全部必要だと思いました。

このまま「次へ」を押します。

 

 

ここはいじらないほうが良いでしょう。

私も詳しくありません。

いじりませんでした。

 

いじらずに「次へ」

 

プログラムアイコンを作る場所を指定します。

「次へ」を押します。

(私はそのまま次へを押しました。)

 

 

必要なメニューを作る事ができるようです。

ショートカットにアイコンが必要なものを選んでください。

選んだら「次へ」を押します。

 

最後の確認をして

もし良ければ「インストール」を押します。

 

しばらくお待ち下さい…

 

 

そしてしばらく待っていると…

完了します。

おめでとうございます。

 

あなたは、

サクラエディタで文字を書くことができるようになりました。

 

起動するには

こちらのアイコンをダブルクリックしましょう。


基本的な使い方

新しいファイルを作ります。

新しいコピー用紙を用意するようなものです。

かんたんですよ。

 

まずデフォルトで

ページが出るはずですが、

新しくページを開きたい場合は

[ファイル]メニュー →[新規作成]を選んでください。

 

 

そして、

テキストを書いたり

コピーしたテキストを貼り付けて

満足するまで書きます。

 

 

書くことが完成したら

[ファイル]メニュー →[名前を付けて保存]

 

 

そして

名前をつけて任意の場所を指定して保存します。

(需要なファイルは半角アルファベットで書くといいそうです。)

 

参考ページhttp://blog.black-and-lemonade.com/2015/03/30/charcode

(どうやら日本語でファイル名を書くと、

文字化けするようです)

 

 

 

あとはファイル形式も選びましょう。

私はUTF-8にしました。

そして保存を押して完成です。

 

指定した場所に、

ファイルが保存されたはずです。

 

 

他にも色々できるでしょうが、

基本的なことはコレでいいでしょう。

 

わからないことは検索してみてください。

ユーザー数が多いアプリケーションなのでヒントはたくさんあるでしょう。


終わりに

テキストエディタは

数字やテキストで作られたファイルを作ることに使います。

 

 

使わない人は使わないかもしれませんが、

ちょっとしたメモを作るのにもメモ帳よりは

使いやすいかなと思います。

 

良かったら使ってみてください。

 

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただきありがとうございます。

デバイスって何でしょう?

「デバイス」とは何でしょう?

 

 

私はPCを使っていても

難しい操作をすることはあまりありません。

 

機能がたくさんありすぎていて

普段はなかなか使わない機能が盛りだくさんです。

 

 

 

私がシドロモドロになりながら検索して勉強したことを

今回も発表していきます。

 

 

 

 

デバイスとは?

「デバイス」…

横文字でわからないことがあったら

日本語にしてみましょう。

 

 

※大丈夫です。

私のほうが横文字は苦手です。

(英語を見つめていると、記憶がなくなります…)

 

 

 

 

デバイスという言葉を日本語にすると

デバイス器具工夫考案仕掛け工具

 

 

パソコン用語としては、

「機器、装置」という意味が一番近いのではありませんでしょうか?

(器具や工具ではパーツの取付けをしているようですし)

 

 

実際に、

パソコンを使っていたら

「デバイスマネージャ」とか出てきますね。

これは、「機器管理」と読んでみましょう。

取り付けた何らかの機器を管理する機能ですね。

 

 

 

(最初はデバイスマネージャという項目をみたら

「ゴチャッ」っと文字だらけの画面で混乱しますよね…)

 

 

混乱したときは

無闇にいじらないようにして、

一回ネットで検索するといいですよ。

 

 

試しキーボードのドライバを消してから

入れ直してみました。

 

 

ついでに新しいドライバが存在するかなと思って

更新してみましたが…

 

 

 

どうやら最新版が入っていたようなので安心しました。

(新しいドライバがハズレのときもあるみたいですけど…)

私のキーボードのドライバは平和でした。

 

 

 

ということで

デバイスというのは

機器や装置と読んでみてください。

 

きっと意味が通じると思います。

 

 

 

ここまで読んで下さって

たいへんうれしいです。

 

またいらしてください

それでは、またお会いしましょう

USB機器が認識しないときはこの対処をやってみよう

「USBメモリキーやプリンタ、外付けハードディスク、デジタルカメラ等のUSB機器がPCで認識できない」

 

こんな時にどうしたら良いのでしょう?

 

 

 

 

USB機器をはじめて使った時に認識してくれないケース

 

1. OSは対応してますか?

あなたのPCでそのUSB機器は使えるのでしょうか?Windowsのバージョンはサポートされているでしょうか?

サポート外のWindowsでは使えないUSB機器もあるのです。

 

 

2. USBの規格によって使えないこともあります。

あなたのパソコンのUSBポートの規格は適していますか?

あなたのパソコンのUSBの規格とUSB機器の規格が正しくないと使えません。

 

 

 

3. ドライバを確認しましょう

パソコンの「デバイスマネージャ」という項目を確認してUSB機器が認識されているか確認してみてください。

[!][?]などの記号が表示されているなら正常にドライバが機能していません。ドライバをインストールしてみましょう。

 

 

 

 

※デバイスマネージャを確認する方法はコチラ

 

Windows7の場合

11,[ スタート] ボタンをクリックしてスタートメニューが表示されたら、[コンピュータ] を右クリック→メニューの中の [プロパティ] をクリックします。

2,[システム] のウィンドウの中の、左上の [デバイスマネージャー] をクリックします。

 

 

 

 

 

Windows10の場合

1,画面左下にある、Windowsマークを「右クリック」します。

※ タッチパネルの場合は、Windowsマークを長押ししてから、指を離しましょう。

 

2,メニューが表示されるので「デバイスマネージャ」を見つけて選びましょう。

 

 

 

 

今まで使うことができていたUSB機器が使用できなくなってしまった場合

それまで使用できていたUSB機器が突然使用できなくなったという場合

 

 

1. USBポートが壊れてないか確認しましょう。

USBポートに物理的なダメージがないのか確認してみましょう。壊れている場合は修理に出したり、新しいUSBポートを用意して交換しましょう。

 

2. 再起動してみる。USB機器を付け直してみる

USB機器は一回取り外して、パソコンを再起動してから挿し直せば認識してくれることがあります。試してみてください。

 

 

3. パソコンとUSB機器それぞれに故障がないか確認します

パソコンの同じUSBポートに他のUSB機器を差し込んでみて使えるかチェックしてみましょう。

 

 

他のUSB だと正しく動作するのなら、先程使おうとされたUSB機器が故障していると思います。

 

他のUSB機器でも正常に動作しない場合は、USBポートのドライバに原因があるかもしれません。入れ直してみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

もう一台パソコンをお持ちの場合は、使えなかったUSB機器を差し込んでみてください。正常に動作するのか調べてみましょう。

 

 

正常に動作しない場合は、

USB 機器が故障しているかもしれません。メーカーに問い合わせて相談してください。

 

もう一台のパソコンでは動作した場合は、

パソコンのUSBのドライバが正しく動作してない可能性がありますので、入れ直してみましょう。

 

 

 

4,USBポートのドライバを入れ直してみる

USB機器を動かすためのドライバに問題がある場合は、ドライバを入れ直すと正常に使えることがあります。

 

デバイスマネージャから[USB(Universal Serial Bus)コントローラ]を探してください。

USBドライバを削除してパソコンを再起動してみましょう。再起動後にUSBドライバが自動的にインストールされます。

 

 

直らない場合

システムの復元を試みたり、OSの再インストールをしたら治ったりすることもあります。

 

 

 

 

あとは比較的軽い症状の場合ですと、

USB機器を取り外して、パソコンをシャットアウトしてコンセントを抜いて放電させたあと、パソコンを立ち上げてUSB機器を挿し込むと使えるようになったりします。

このケースはパソコンの劣化が原因だったりします。

 

 

軽い症状の解決方法から試していって、症状がどのパーツが原因なのか消去法で当てると言った形になるかと思います。

PCでのコピーのやり方 切り取りとコピーの違い

「コピー」と「切り取り」の違い

コピーは本体を残すので、貼り付ければ分身が作れます。

 

PCが一時的に覚える場所でコピーしたいものを覚えます。

貼り付けた時点で分身を作れます。

 

 

 

切り取りは、本体を消しつつ一時的に覚えます。

貼り付けた時点で覚えた本体が出てくる仕組みです。

 

 

 

 

記憶できるのは一つだけ

「切り取り」をした後に、続けて他のものを切り取りをしてしまうと最初に覚えたものは消滅してしまいます。

 

同時に記憶できるのは一個だけなので、2つめのものを切り取りで覚えさせると1つ目のものは上書きされてしまい消滅してしまいます。

 

 

 

1つめ切り取りすると

「本体」は消えて一時的に覚えている状態になります。

 

貼り付ければいいのですが、

間違えて貼り付ける前に次のものを「切り取り」してしまうと、最初に切り取ったものは上書きされて消えてしまいます。

貼り付けても2つ目のものしか出てきません。

 

1つめの切り取りをしたものは、

消えてなくなってしまうのです。

 

 

この覚えておけるのは一つだけのルールは

コピーでも同じです。

 

 

 

テキスト1をコピーしてから

 

 

テキスト2をコピーすると

テキスト2を覚えるけどテキスト1は上書きされて消えます。

 

 

貼り付けると、

 

覚えているのはテキスト2だけなので

テキスト2だけがコピーできます。

 

(テキスト1は消滅しています。)

 

覚えれるものは一個だけなのです。

 

 

 

 

コレ以外にもルールがあります。

それは、

「切り取り」は自分のものや、編集できるものにだけできる

というルールです。

 

 

 

ウェブで見て欲しいものがあっても切り取りを選ぶことはできません。

もしも他人が書いたウェブ状のテキストを切り取りができてしまったらどうなるのでしょう?想像してみてください。

 

ウェブのページが穴だらけになってしまいます。

他人が一生懸命書いたコンテンツですし、無許可で消してしまうようなことはできないようになっているのです。

 

 

 

ただし、だれでも編集できるwikiなどでは切り取りができてしまいます。これは編集できる権限が誰にでもあるのが理由でしょう。

 

もちろん、誰でも編集できるからといって

迷惑になるような切り取りはしてはいけません。

 

 

 

 

 

コピーのやり方

PCで文章を書くときや、

画像をコピーする時の方法を書いておきます。

 

 

テキストのコピーの場合

コピーしたいテキスト(文章)をマウスを左クリックしながらなぞることで指定できます。(ドラッグ)

 

左クリックを押し続けながら、コピーしたいテキストをカーソル(矢印)でなぞる

 

 

なぞったら、マウスの右クリックでメニューを出そう。

コピーをカーソルで選んで左クリックで選ぼう

 

これで一時保存した状態です。

一時的に記憶した状態なので電源を切ったり、他のものをコピーしたら消えてしまいます。

 

 

貼り付けたい場所にカーソルをあわせましょう。

次に、右クリックして「貼り付け」を選んで左クリックしましょう。

 

これでコピーの作業が完成します。

 

 

 

 

画像のコピーの場合

コピーしたい画像にカーソルを合わせて右クリックするとメニューが出ます。メニューから「画像をコピー」にカーソルを合わせて左クリックで選びましょう。

 

 

PAINTなどのソフトを起動して「貼り付け」を選んで

「ファイルを保存」などすれば保存完了です。拡張子はJPEGなどで試してください。

 

 

 

 

ファイル、フォルダのコピーの場合

ファイルやフォルダを選んで右クリックするとメニューが出ます。

メニューからコピーを選んで左クリックでコピーできます。

 

MP3などの音楽ファイルも

この方法でコピーできたりします。

 

 

 

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます。

Windowsのキーボードショートカット いくつかピックアップしてみました

Alt キーとTabを同時に押してみてください。

起動中の複数のソフトの中から一番前に表示したい画面を選べます。

 

びっくりされましたか?

Alt+Tabを押すたびに表示したいソフトを選べます。

 

 

もしかして、すでにご存知でしたか?

失礼しました。

Windowsを使いこなしてらっしゃるのですね。

私なんてショートカットは少ししか存じません。大変恐縮です。

 

 

 

ちなみにこの

Alt+Tab

PCのゲーム画面とブラウザのどちらを見たいのか選べるコマンドなのです。なかなか便利なので普段から使っているコマンドです。

 

 

 

キー同時押しのコツは

片方のキーを押しっぱなしにしながら(この場合Alt)

Tabを押す感じです。

 

※逆にTabを押しっぱなしにしてからAltを押してもうまくいきませんでした。

 

 

 

 

 

このようにWindowsには便利なショートカット機能が標準装備されています。

 

ショートカットはたくさんあるので、

私が個人的にピックアップしたものを紹介してみたいと思います。

 

 

ショートカットをピックアップしてみました!

 

召喚系ショートカット

あああ…マイコンピューターってどこですか?

Windowsキー+Eを押してみてください。

 

マイコンピューターを召喚できますとも!

(ちなみにWindowsキーってキーボードの左下あたりについてませんか?あのです)

 

 

 

マイコンピューター

HDDやSSDの空き容量を知りたいときにも使えますし、

そのまま各ドライブに何が入ってるか見る時に使う項目です。

 

Windows+Eで一発表示できるのは便利ですね。

(私の場合はライブラリにアクセスすることが多いです。)

 

 

 

PrintScreen

ワンボタンでスクリーンショットをクリップボードで一時的に覚えておく機能。保存したい画像ならPAINTなどを起動して画像ファイルにしておきましょう。

ワンボタンで覚えるけどPCの電源落としたりしたら消えてしまいます。クリップボードはメモリの中に一時的に覚える機能ですから。画像ファイルにしてHDDなどのストレージに入れておきましょう。

 

 

 

 

ココから割りと注意するべきショートカットコマンド

今は押さないで読んでください

 

 

 

Alt キーとF4を同時に押すと、

ウインドウを閉じ、アプリケーションを終了させてしまいます。

 

非常時にアプリケーションを終了させたい時のコマンドでしょうか。あまり馴染みがありませんがこの機会に覚えておくかもしれません。

(私の場合すぐ忘れてしまいます…)

 

 

ちなみに

Ctrl+F4ならウィンドウを閉じるけどアプリケーションは終了しないでおけます。

 

 

ショートカットは状況によって押したらまずい組み合わせもあり、無闇にショートカットの意味も知らず組み合わせるのは危険だと思います。

 

 

特に注意したいのは

Shift+Del

ゴミ箱に入れずに直接削除する機能です。

 

 

消したいファイルをクリックで選んだ後にShift+Delを押すと、

「削除しますか」といった確認がでましたが、間違って消したらまずいファイルを選んだら取り返しがつかなくなるので絶対に試さないでくだい。

 

 

知っているショートカット以外は試しちゃダメです。