低価格なのにここまで遊べる!?水中もOKのアクションカメラを購入して使ってみた

え?au使ってるからすっごくお得!

Amazonで防水カメラを購入してみました。

 

防水ケースに入れたままなら

水の中も撮影する事ができるカメラです。

 

 

 

 

静止画だけなく、動画も撮ることができるので

けっこうな値段がしそうかと思いましたが、

私は4000円くらいで購入することが出来ました。

 

 

 

Victureという業者が出品しているものです。

私の満足度は100点でした。

 

 

 

 

 

しかし、

水中の魚を撮影する事ができるカメラを

たったの4000円で使うことができるので満足しました。

 

 

 

 

確かにこの価格帯ですので

4K画質ではないですし、

 

本体の作りもプラスチックなので

チープな感じがします。

 

 

 

 

そして私は

カメラに詳しくないのでわかりませんが、

 

きっと詳しい人にとっては

このチープさから、

おもちゃみたいなカメラと感じられるかもしれません。

 

 

あくまで低価格で

水中を撮影したいという願望を持った私のような人にとっては満足というわけです。

 

 

 

購入後に

箱から出して充電し

太めの釣り道具に結びつけて海に放り込んで撮影しました。

 

 

 

そこらへんの漁港なのですが

とてもよく撮れてました。

 

 

 

 

ケースの中に入っているだけあって

音を拾うのは得意ではありません。

(とても小さな音しか拾えないです。)

 

 

画質もそこそこでしょう。

 

 

 

 

しかし、

海中の生物の様子を

動画で撮影できるのは感動しました。

※おわかりいただけただろうか?

 

 

 

 

何より

本体と一緒に入っていた

防水ケースが強度がありそうなので

買ってよかったと思っています。

 

 

水中で安定させるために

ペットボトルを加工したものをくっつけたりして

水中でグラつかないようにする必要はあります。

 

 

その工程も私にとって楽しかったので

プラスポイントですが

 

 

すぐに使いたいというニーズには

向いてない商品でしょう。

 

 

(購入後に改造せずに使おうとすると

水中で回転する映像しか撮れないでしょう)

 

 

 

 

 

この水中カメラは

水中の映像をどうしても低価格で撮影したい方

(いきなり高額なカメラを使いたくないなら最適)

 

 

 

そして改造が好きな方には向いているでしょう。

 

 

 

興味があれば

ご覧になってみてください。

Victure アクションカメラ

 

アクションカメラのページ

驚くほど軽いボイスチャット通話アプリ ディスコードの使い方 Windows版

こんにちは

パソコンでボイスチャットをしたいときに

すごく負担の軽いアプリケーションを見つけました。

 

それは、

【Discord(ディスコード)】です。

通話とチャットもできるDiscordはこんな画面です。

 

Discord公式サイトはコチラ

 

 

動作が軽い

Discordは、

ゲームでマルチプレイをする時に

使います。

 

 

ボイスチャットをするときは

だいたいこういうアプリケーションを使いますが

Discordは動作が軽くて気に入っています。

 

 

 

 

ボイスチャット用のソフトが重くて

ラグを感じると嫌ですよね。

 

 

パソコンのスペックが

カツカツの場合はとてもありがたいです。

 

 

 

Discordは

インストールしなくてもブラウザから使うこともできます。

 

 

しかし、

 

ブラウザから使ってみたところ

 

 

私の環境では

ボイスチャットの音質が安定しなかったので、

 

インストールして使うことをおすすめします。

 

 

 

 

Discordは、

パソコンにインストールして使う場合は

音声もクリアで安定した動作をしてくれます。

 

 

 

 

 

Discord公式サイトはコチラ

 

 

Discord の使い方~Windows版の場合~

 

1,まずユーザー登録しましょう

[Login]をクリックして

 

 

 

[アカウント登録]を選びましょう。

 

 

 

 

アカウント登録を選んだら、

下の画像のように…

画面上部の文字が「アカウント作成」に変わりました。

間違い探しみたいですね。

 

 

 

——-

私は間違い探しが

幼少の頃は好きでしたが、

 

大人になってからは

あまりしたくありません。

 

 

私は短気なので、

紅白のシマシマの紛らわしい男を探す本も

割と嫌いです!

———-

 

 

 

気を取り直して

Discordをダウンロードしましょう。

 

「Download for Windows」を選び、

左側の Windows 版を選びます。

 

 

ダウンロードしたら「 DiscordSetup.exe 」を起動して、

案内に沿ってインストールしましょう。

 

 

 

 

 

インストールしたら

 

サーバを立てます。

 

 

 

サーバは、

あなたと通話相手を

経由する中継地点ですね。

 

 

 

サーバが遠いほど

タイムラグが発生してしまいます。

 

 

 

 

この後は

どの国のサーバを使うのかを設定します。

 

日本で使うのであれば

日本に近い国のサーバーを選びましょう。

 

 

 

 

Discordのサーバ設定のやり方

サーバを立てるときは

画面左端にある「+」マークをクリックします。

左端に薄い+マークが見えませんか?

(見えにくいですが探してみてね)

 

 

見つけたらクリックしてください。

 

 

 

 

クリックすると

新しくサーバを作るのか、

 

誰かが

今まで作ったサーバに入るのかを選べます。

(知り合いに招待されることが必要になります。)

 

 

 

 

ここは

新規作成を選んでください。

 

 

 

 

 

このような画面が出ましたら、

上の欄には

好きなサーバー名を入力します。

 

 

 

 

その下のサーバーリージョンのところは、

日本に近い国を選びます。

 

 

この記事を書いている時点では、

香港が最も日本に近い国として選択できます。

 

 

ということで、

 

 

ここでは、

サーバー名は【任意の名前】

サーバーリージョンは【香港】を選んで、

「新規作成」をクリックして決定しましょう。

 

 

 

 

 

サーバーに招待する方法

あなたの作ったサーバーに、

どなたか呼んでみましょう。

 

 

 

誰かに来てもらいたい

サーバーの名前をクリックして、

 

 

 

 

 

 

 

サーバーの名前の右あたりの

「招待を作成」をクリックして、

 

 

 

この画面がでます。

そのままリンクをコピーして相手にメールなどで教えれば、

有効期限付きの招待リンクを渡すことができます。

 

 

左下の「招待リンクに有効期限を設定しない」を

チェックしておくと

長期間ずっと招待することもできます。

 

 

もらった招待からサーバへ参加する方法

招待をもらって

サーバーへ参加する方法も

 

まずは、

画面左端の+を選択して、

 

 

サーバーに参加を選んだら

このような表示が出ますので、

招待を入力と書いてある四角の枠の中に

もらったリンクを貼り付けましょう。

 

 

あとは「参加」を押すだけです。

 

 

 

 

 

通話のやり方

通話する場合は

左上のアイコンから通話したいフレンドをみつけて

右クリックするとして、

 

 

【通話】のメニューを選ぶと

相手を呼び出せます。

 

相手応対してくれたら

音声通話ができます。

 

 

ミュートなどのコントロールは

このパネルから行います。

私は間違って、

2秒で切断を押してしましました。

 

 

2秒で通話が終わったのですが、

私は、そこまで早口ではありません。

 

 

 

話し忘れたことがあったので、

また通話ボタンを押して通話しました。

 

 

 

そうそう

 

 

最近は、

アップデートにより機能が追加されたりしてます。

 

 

 

デスクトップを相手の画面に写す機能や

カメラの画像を見せながらの通話もありますので、

取扱いには気をつけましょう。

 

 

プライバシーを守れるのかは

自己責任です。

————

それでは、

Discordを使って

楽しい時間をお楽しみください。

Discord公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

レビュー【DT01ACA300 】 3,5インチ内蔵HDDを増設してみました

HDDはデスクトップパソコンに複数搭載する事もできます。

 

私は比較的手頃な価格で大容量のHDDを探していましたので

【DT01ACA300 】を購入して起動ディスクではなくデータ保存用として使っています。

 

 

【DT01ACA300 】私の感想「大変満足しました。」

3TBのHDDで1万円以下の商品を探していました。手頃な価格で買えたので満足しています。予算をかけたくなかったので好都合でした。

3TBの容量が何よりの魅力です。

 

 

駆動音は静かだった

7200回転というと騒音が気になると思ったのですが、騒音は気にならないレベルでした。

 

使いはじめてから時間が経ってないので耐久性や故障率は全くわかりません。またHDDも当たりハズレがあるみたいなので、たまたま当たりだったのかもしれません。

 

 

【DT01ACA300 】のスペック

販売メーカー 東芝

容量3TB

回転数 7200 rpm

バッファ 64 MiB

Serial ATA600

消費電力 1815 Mbit/s

 

 

 

普通のデスクトップ用の3,5インチHDDです。

回転数が7200というのは高速型です。

 

回転数が早いとアクセスが早くなりますが、

そりゃSSDにはかないません。

 

 

回転数はアクセスの速さに影響する

内蔵HDDとしてソフトをインストールすることも視野に入れたので、ロード時間などが少しでも早いほうがいいので高速型を選びました。

ファイルをコピーしてもまずまずの速度が出ます。

 

 

5400回転よりもアクセスが早いのですが、弱点として騒音が気になる要素です。

 

 

しかし、【DT01ACA300 】はアクセスした時も

アイドリングのときも静かに動いています。

まったく騒音なんてしません。

大変気にっています。

 

 

温度もそんなに高くないと思います。

ちなみにHDDの温度の目安は、

50℃以下なら問題ないもよう。

 

参考サイト 「外付けHDDやPCハードディスクの「危険温度」の目安は,50℃を超えると故障率が高く寿命が減る。60度以上の発熱でいつ壊れてもおかしくない。65℃の高温で即死http://computer-technology.hateblo.jp/entry/20150709/p1」

 

 

 

 

温度はHDDの状態をチェックできるフリーソフト「CrystalDiskInfo 7 Shizuku Edition v7.1.1」を使ってみました。

 

窓の社 http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

 

 

38℃です。全く故障は気にしなくて良い温度です。

(使用環境について補足

8月の暑い日なので、部屋の中ではクーラーを使っています。)

 

 

 

あとは容量は3TBを用意しても

実際に使える容量はコレくらいです。

 

使っている環境にもよるのかもしれませんが、

およそ2,7TB使えます。

 

 

 

このHDDでは動画ファイルや、

画像ファイルをたくさん保存して、

ソフトもインストールして使う予定です。

 

 

 

 

楽天でDT01ACA300 を見てみる

AmazonでDT01ACA300 を見てみる
 DT01ACA300

 

 

感想

追加HDDとしてデータ保存用として使ってますが、今のところ大変満足しています。

 

高速型ですので騒音が気になるのかと思ったのですが、静かに使えるのでびっくりしました。

私の持っている外付けHDDよりも静かです。

 

耐久性は長らく使わないと不明です。今後長生きしてくれることを祈るだけです。

コーヒーメーカー Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスIIを使ってみた

私は普段からコーヒーを飲みますが、

コーヒーメーカーが壊れたので新たに購入することにしました。

 

今までは家電量販店で2000円くらいの使ってたんですが、あまりおいしいコーヒーが作れなかったので、

少しお金を出して良いコーヒーメーカーがないのかと探してみることに。

 

 

 

Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスIIをAmazonで買ってみました。

アマゾンのレビューを読み漁ってみると、おいしいコーヒーができると書いてあるものがありました。

それが、メリタのアロマサーモ ステンレスIIでした。Amazonでみてみる

 

 

今回一番気にしたのがコーヒーの味です。

 

 

 

 

安物コーヒーメーカーの特徴は味が薄いこと

今まで使っていた2000円ぐらいのコーヒーメーカーでは、

すごくまずいコーヒーしかできませんでした。

 

どんなふうにまずいかというと、

適量のコーヒーの粉を入れてもほとんど味がつかない、薄くてコクのないコーヒーができるのです。

 

 

おそらく、温まったお湯がフィルターと粉が入ったエリアでとどまらないのが原因ではないのか?と思いました。

そこで少しでもフィルター部分でお湯がとどまるタイプのコーヒーメーカーを探したらこの商品に白羽の矢が立ったのです。

 

 

 

 

メリタ式1つ穴抽出

フィルターの部分からポットのエリアへ流し込まなら一つしかないのが特徴です。

Amazonの商品ページでも説明が書いてありますが、この一つ穴というのがお湯でゆっくりポットのエリアへ行くんじゃないかと思ったんです。

 

 

 

Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスII を使った感想

一番最初に使った時に、一口目から感動しました。

すごくコクのあるコーヒーで今までの2000円のコーヒーメーカーなんてお話にならないくらい差があるのです。

 

コクの出る感じは”メリタ式1つ穴抽出”のおかげだと思います。何よりおいしいコーヒーが飲めることに感動しました。

 

 

 

でき上がりまでが早い

コクのあるおいしいコーヒーが飲めるだけではなく、スイッチを入れた後にかなり速い速度でコーヒーが完成するのにも驚きました。

 

一つ穴式だからコーヒーが完成するまでに時間がかかるのかと思ったのですが、

お湯が沸くまでの速度が速いのかそこまで時間がかからないのです。

 

 

 

一度に作れるコーヒーは2~5杯用なので、

お客さんが来た時でも使えるので満足です。

 

 

 

 

ちなみに、ポットはステンレス製なので冷めにくいそうですが、

私は、コーヒーが仕上がってからすぐ飲むのであまり意味がない要素です。

 

 

お値段も1万円でお釣りが来るほどなので買えなくはない絶妙な価格です。

私は、これでおいしいコーヒーが毎日飲めるのなら安いものだと思ってます。

 

Amazonでみてみる

 

 

 

 

難点を挙げるとすればセットがしにくい

セットするときに水を入れるのが快適ではないことです。

コーヒーの粉以外に給水部分に水を入れるのですが、入口がとても狭くて水を入れるのにテクニックが必要です。

この短所はほんとに残念です。

ストレスフリーとは言えませんね。

私は細長い水を入れれる容器を使うか、ジョウゴで水を入れています。

 

 

私はおいしいコーヒーをこの価格で飲めるので、我慢して使う価値があると思っています。

Melitta(メリタ) アロマサーモ ステンレスIIをみてみる

ゼンハイザーのヘッドセット買ってみました

あらすじ

長年使っていた1000円のヘッドセットの音声に不満があるので、

新たに購入することに…

 

 

 

ゼンハイザーのヘッドセット【PC7 USB】は

音声入力ソフトAmiVoiceで使うとマイクの音質は大変満足できました。「4000円以内で音質が良いもの」という条件は満たせたと思います。

 

耳につけるタイプなので軽いものが良かったのと、USB端子で接続できることも大変満足です。ドライバーも必要なくPCに挿しただけで使えるようになりました。

 

 

でもミュート機能、ボリューム機能は付いていませんので、スカイプでの使用が目的なら便利ではありません。他の商品の方がいいでしょう。

Amazonで【PC7 USB】を見てみる

 

 

 

 

 

ゼンハイザーを試したくなったわけ

私は、ヘッドセットを音声入力ソフト用に使う予定なので、

できるだけマイクの音質が良いものが欲しかったです。

その上で予算をかけたくないという条件を満たすことができるのでしょうか。

 

 

 

 

Amazonのレビューやサイトで情報収集すると、

ゼンハイザーというメーカーのヘッドセットはマイクの音声が良さそうでした。

 

 

ゼンハイザーって

まったく知らないメーカーなので少し調べてみることにしました。

 

 

 

ゼンハイザー

ドイツの音響機器メーカーでヘッドフォンやマイクロフォンで有名らしいです。オープンエアー型ヘッドフォンを世界で初めて開発したそうです。

まあ、中国メーカーよりもマシかなあと思いました。

 

 

なんで他の商品を選ばなかったの?

同じ価格帯で気になったのはゲーム用のヘッドセットでした。

ゲーム用のヘッドセットは見た目がゴツくてかさばる感じが嫌だったのと、

マイクの品質よりもスピーカー部分の品質にレビューが集中していたのとマイクはあまり良くない印象だったので今回は見送りました。

 

 

 

 

価格面

Amazonで4,000円以内という低予算で、できるだけマイクの音質が良いものを探していました。

安い価格帯では選択肢がそんなになかった

「ゼンハイザーのヘッドセットはマイクの精度が高い」というレビューがあったので、マイクの精度が良いのではないかと思ったのです。

都合よくエントリークラスも存在していたので試してみました。

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

ここから実際に届いて使ってみた感想です。

 

 

USB端子が長細くかっこいいですがスペースを気にされるなら注意してください。私の場合、PCの裏側に挿して使います。ちょうどスペースがあったので問題ありません。

 

コードの長さは1,8mくらいでしょうか、ピンと張ったら2mかなあ?

 

サイズはそこまで大きくないです。男性である私の手のひらよりも小さめです。

頭のサイズが気になります。

時計を頭に例えるとこんな感じになります。

 

 

すっぽり被せるよりも

樹脂製のアームで挟む感じです。

 

 

アームのアジャスターでうまく調節すると、

なかなか軽いつけ心地です。

装着してないかのような軽さなので驚きました。

 

 

いいところ

マイク入力の音質が良かった

音声入力用途としてのマイク品質は以前の1000円のものよりも良くなりました。正確に入力できるので快適です。

スカイプで使ってみてもノイズが少なくなったと言われました。

 

 

ここは他の製品の方が優れてると思う部分

スピーカーが片側だけ、ミュート・ボリュームボタンがないことが気になるのなら他の製品が良いでしょう。

ゲームの音声をもっとキレイに聞きたいだとか、

スカイプで使う時にボリューム調整やミュートをクリックせずに使いたいといった用途には向いていません。

 

 

Amazonで【PC7 USB】を見てみる

 

エントリークラスのヘッドセットとして気に入ってるので今回の買い物は満足です。

着け心地も軽く、音声入力ソフトでの使用は正確に入力できるようになったので大変満足でした。さらに、スカイプでの通話で使ったら前に使っていたヘッドセットよりもノイズが減ったので一石二鳥でした。

 

いつかゼンハイザーのハイエンドも買ってみたいですね。高額商品ではコレ以上の品質で音声入力できるかと思うとびっくりします。

この4000円以下という条件で選んだのですが満足です。

 

追記

PS4でも使えました。

 

USBの部分が長いので怪しいイメージでしたが、

USB端子に差すだけで使えることを確認しましたことを報告させていただきます。