Windows7でのスタートアップの設定 自動起動をOFFにする方法

え?au使ってるからすっごくお得!

スタートアップは

サインインしたときに

自動で動いてくれるプログラムを設定できる機能です。

 

 

 

 

アプリケーションをインストールしたときに

自動的にスタートアップに登録されることもありますが、

 

必要ない時には無効にしたいですよね。

 

 

 

 

 

そんなときのために、

 

Windows7 での、

スタートアップの有効/無効やり方をお伝えします。

 

 

 

 

 

Windows7で スタートアップを無効にする


 

 

パソコンには、

動作に必要なシステムや

セキュリティソフトなどが、

パソコンを起動したときに自動的に動くように設定されています。

 

 

 

あまり使わないようなアプリケーションは

無効にしてもいいですが、

 

 

重要なプログラム、

セキリティソフトなどは

自動で起動した方がいいでしょう。

 

 

パソコンの動作に必要なプログラムや

セキュリティに必要なアプリケーションは、

無効にしないようにしてください。

 

 

 

 

 

私がお伝えする方法では、

「システム構成」から無効にします。


 

1,「スタート」→「コントロールパネル」の順に選びます。

 

 

2,「コントロールパネル」から

「システムとセキュリティ」を選びます。

 

 

 

※もしも、アイコンだけの表示されて

「管理ツール」が選べる場合は

「管理ツール」を選んで手順4に進んでください

 

 

 

 

3,「システムとセキュリティ」から
「管理ツール」を選びます。

 

 

 

 

4,「管理ツール」から「システム構成」を選びます。

 

 

 

5,「システム構成」から

「スタートアップ」がまとめてある箇所にたどり着きます。

 

 

(こういうまとめてあるのは、「タブ」と言うそうです。)

 

 

 

まずスタートアップを選んで表示してみると、

こんな画面が出るはずです。

この画像の左端の四角い枠を選んで

印をつけたり、外したりできます。

 

 

 

印がついている状態ではON

印がついてない空白の四角ならOFF

 

 

まるでスイッチのようですね。

(理科の実験の豆電球が懐かしいです。)

 

 

 

使いたくないアプリケーションの

四角をクリックして

空白にして、下の方にあるOKを選びます。

 

 

 

6,「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要…」という確認画面が出ます。

 

 

用事が済んでいて再起動しても問題なければ

「再起動」を選んでください。

 

即座に再起動が始まり

選んだ設定が反映されます。

 

(この時点ではじめて、

OFFにした設定が適応されます。)

 

 

 

もしも、

再起動しては困る場合は

「再起動しないで終了する」をクリックします。

 

(次回立ち上がったら

設定が反映されるでしょう)

 

 

 

 

 

逆にスタートアップに設定して

自動で立ち上げたいアプリケーションがあるのなら

 

四角の部分にチェックしてOKを選び、

再起動したら設定が反映されます。

 

 

 

くれぐれも

必要なアプリケーションやプログラムを

OFFにしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

読んでくださって

ありがとうございました。

 

それでは

またいらっしゃって下さい

USB機器が認識しないときはこの対処をやってみよう

「USBメモリキーやプリンタ、外付けハードディスク、デジタルカメラ等のUSB機器がPCで認識できない」

 

こんな時にどうしたら良いのでしょう?

 

 

 

 

USB機器をはじめて使った時に認識してくれないケース

 

1. OSは対応してますか?

あなたのPCでそのUSB機器は使えるのでしょうか?Windowsのバージョンはサポートされているでしょうか?

サポート外のWindowsでは使えないUSB機器もあるのです。

 

 

2. USBの規格によって使えないこともあります。

あなたのパソコンのUSBポートの規格は適していますか?

あなたのパソコンのUSBの規格とUSB機器の規格が正しくないと使えません。

 

 

 

3. ドライバを確認しましょう

パソコンの「デバイスマネージャ」という項目を確認してUSB機器が認識されているか確認してみてください。

[!][?]などの記号が表示されているなら正常にドライバが機能していません。ドライバをインストールしてみましょう。

 

 

 

 

※デバイスマネージャを確認する方法はコチラ

 

Windows7の場合

11,[ スタート] ボタンをクリックしてスタートメニューが表示されたら、[コンピュータ] を右クリック→メニューの中の [プロパティ] をクリックします。

2,[システム] のウィンドウの中の、左上の [デバイスマネージャー] をクリックします。

 

 

 

 

 

Windows10の場合

1,画面左下にある、Windowsマークを「右クリック」します。

※ タッチパネルの場合は、Windowsマークを長押ししてから、指を離しましょう。

 

2,メニューが表示されるので「デバイスマネージャ」を見つけて選びましょう。

 

 

 

 

今まで使うことができていたUSB機器が使用できなくなってしまった場合

それまで使用できていたUSB機器が突然使用できなくなったという場合

 

 

1. USBポートが壊れてないか確認しましょう。

USBポートに物理的なダメージがないのか確認してみましょう。壊れている場合は修理に出したり、新しいUSBポートを用意して交換しましょう。

 

2. 再起動してみる。USB機器を付け直してみる

USB機器は一回取り外して、パソコンを再起動してから挿し直せば認識してくれることがあります。試してみてください。

 

 

3. パソコンとUSB機器それぞれに故障がないか確認します

パソコンの同じUSBポートに他のUSB機器を差し込んでみて使えるかチェックしてみましょう。

 

 

他のUSB だと正しく動作するのなら、先程使おうとされたUSB機器が故障していると思います。

 

他のUSB機器でも正常に動作しない場合は、USBポートのドライバに原因があるかもしれません。入れ直してみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

もう一台パソコンをお持ちの場合は、使えなかったUSB機器を差し込んでみてください。正常に動作するのか調べてみましょう。

 

 

正常に動作しない場合は、

USB 機器が故障しているかもしれません。メーカーに問い合わせて相談してください。

 

もう一台のパソコンでは動作した場合は、

パソコンのUSBのドライバが正しく動作してない可能性がありますので、入れ直してみましょう。

 

 

 

4,USBポートのドライバを入れ直してみる

USB機器を動かすためのドライバに問題がある場合は、ドライバを入れ直すと正常に使えることがあります。

 

デバイスマネージャから[USB(Universal Serial Bus)コントローラ]を探してください。

USBドライバを削除してパソコンを再起動してみましょう。再起動後にUSBドライバが自動的にインストールされます。

 

 

直らない場合

システムの復元を試みたり、OSの再インストールをしたら治ったりすることもあります。

 

 

 

 

あとは比較的軽い症状の場合ですと、

USB機器を取り外して、パソコンをシャットアウトしてコンセントを抜いて放電させたあと、パソコンを立ち上げてUSB機器を挿し込むと使えるようになったりします。

このケースはパソコンの劣化が原因だったりします。

 

 

軽い症状の解決方法から試していって、症状がどのパーツが原因なのか消去法で当てると言った形になるかと思います。

スポンサーリンク

マザーボードに電池があるの!? 電池交換のやり方

マザーボードには電池がついていることをご存知でしょうか?

 

なぜ電池が必要かというと、

パソコンの電源を切った後でも「パソコンの設定、時刻」を保存するためです。

 

 

 

この電池はコンビニで売ってたりしますが、パソコンにとって重要なものなのでしょうか?

 

電池一個くらいでパソコンに影響が出ないと思います?

ネットサーフィンだけなら関係ないと思います?

 

 

 

電池の種類を確認しておいてください

もしも交換されるのなら、いままでどんな電池が使われていたのか確認してください。

CR2032というボタン電池がほとんどですが、まれに違う種類の電池が使われる場合もあるのです。

 

 

 

こんな症状もでる

ネットサーフィンをしていてSSL証明書という認証技術が正しく行われないという症状が出ることがあります。

電池が消耗して状態が悪くなると、パソコンの本体の時刻設定が狂ってしまいます。

 

 

すると、時刻の狂いにより正しく認証されない事になってしまうので、SSLで保護されたサイトに対してアクセスを失敗してしまうという現象です。

 

 

あれれ…

入れないサイトがあったので不思議に思ったら、

マザーボードの電池が消耗してたからなのかあ…

 

 

 

 

 

こんなエラーが出たら電池の消耗かも

・「日時が設定されていません」(Time day not set)
・「無効な設定情報です」(Invalid configuration information)
・「無効な設定情報です」(Invalid configuration information)

・「バッテリーの電圧が低下しています」(Alert! System battery voltage is low)

 

 

 

パソコンの調子が悪くなった時には、マザーボードの電池も交換してみよう。

 

 

電池交換に準備するもの

・電池 CR2032(3v)(最初からついている電池と同じもの)

・プラスティックドライバー(なければ指で電池を外す)

・静電気防止バンド

・PCカバーを外すためにドライバーが必要なら用意してください。

 

※ボタン電池交換でBIOSが初期化されます。

 

 

マザーボードの電池交換のやり方

1,電源をOFFにする

パソコンの電源を落として、コンセントを抜く。バッテリーがついている場合はバッテリーも外す。

 

2,静電気の対策

静電気によるパーツ破壊を防ぐために金属に触れるなどしておく。

(金属に触れ続けたほうがより効果的)

 

静電気防止バンドなどがあるなら使う。

 

 

3,電池を新しいものに交換する

パソコンの蓋を開ける、

マザーボードのボタン電池を取り外す、

この時に他のパーツには触らないこと。

 

新しい電池をつける(裏表は、最初からついていた電池と同じようにする)

 

電池交換後に時刻の再設定をする

ノートパソコン使う上で気をつけたい2つのこと

ノートパソコンは持ち運べて便利なのですが、壊しがちでないでしょうか?

 

せっかく買ったノートパソコンを

すぐに壊してしまわないようにするにはこんなことに気をつけてみてください。

 

 

 

1,片手で持たない

ノートパソコンをうっかり片手で持ってしまいませんか。

 

片手で持ち上げてしまうと

持っている部分だけにチカラが集中してしまうのでダメージになってしまいます。

 

 

ノートパソコンの外装は、プラスチック製であることが多いので簡単に壊れてしまいます。

両手を使って両側をしっかりと持ちましょう。

 

 

またハードディスクは衝撃や振動に弱いので、

電源の入った使用中のパソコンは動かさないようにしましょう。

 

 

 

2,こまめに掃除をする

パソコンの内部は高温になりがちです。

正常に動かしても40度の熱が出ます。

 

ノートパソコンの放熱用の通風孔がホコリで埋まっていませんか?

もし、ホコリだらけなら掃除してみましょう。

 

 

掃除機よりもエアダスターよりも

カメラ用のエアブロアーがおすすめです

 

 

エアダスターはおすすめしないワケ

スプレーの形をしたエアダスターの中身はガスが入っています。

ホコリを飛ばすのに便利なのですが、

このガスの多くは引火するガスが入っています。

 

そしてこのガスは静電気でも引火することがあります。

 

 

 

どうしてもエアダスターを使うなら注意したいこと

どのパーツに静電気が起きるのかわからないまま使ってはいけません。

バッテリーや電源が入ったままエアダスターを使うのは火災の原因になります。

 

 

また、コンセントを抜いても放電し切るまで時間が必要だったりもしますので使わないほうがいいです。

さらに、高温の状態でも引火するので冷めるのを待ってから使うというルールがあります。

 

 

またパソコンの内部にガスが残ったまま電源を入れると、やはり火災の原因なってしまいます。

十分にパソコンの内部を換気をしてから使うことになるので面倒くさいです。

 

どちらも少し間違えただけで火災というリスクが付きまとうのでエアブロアーを使うことをオススメします。

 

 

 

パソコンのメンテナンスはめんどくさい?

パソコンの掃除をすればするほど愛着がわきます。掃除の工夫をしたり、道具の使い方を工夫すると「もう自分は一般人じゃない。」と思い込む事ができます。

そういった自分の知られざる一面を知ることもできるので、掃除するのもなかなか面白いものです。

こんなリスクがある!クラウドサービスと脆弱性

こんにちは

 

クラウドサービスというのはご存知でしょうか

インターネットなどのネットワークに接続されたコンピューター(サーバー)が提供するサービスのことです。

 

クラウドストレージなどPCの外のサーバにデータを保存できるので便利ですが…

良からぬことを聞いたので報告しておきます。

 

個人向けのクラウドストレージの危険性

個人向けのクラウドストレージはバックアップの機能が法人向けほど備わっていないことが多いです。

 

アテにしないこと!

これは、クラウドに保存したファイルがなくなってしまう場合があるのです。

サーバの調子次第でファイルを失ってしまうのです。

 

 

ストレージとして使ったクラウドに、バックアップ目的で保存したのにダウンロードできなくなるのです。

これはまずいです、単純に重要なファイルや資料を失ってしまうだけです。

 

 

 

消失以外のクラウドのリスク【情報が外部に漏れる】

個人向けのクラウドサービスとしてDropboxやOnedriveなどがあります。

これらのサービスはファイルの共有機能がございます。

 

確かに便利なのですが、共有するときに相手に教える URLが第3者にバレてしまえば社外秘情報が外に漏れてしまいます。

 

 

どんな時に共有URLが漏れてしまうのか

※こちらの情報は過去のDropboxにあった脆弱性だったのですが、現在は修正されたようです。しかし、同じようなケースが他のクラウドサービスでも起こる可能性があるので知っておいていただきたいです。

 

 

本来は共有URLというのは共有する相手だけにわかる仕組みなのですが、気づかないうちに漏れるケースがございます。

実は、共有した文章の中のURLに原因があったようです。

 

共有した文章のURLからサイトに訪問すると、サイトの管理者に共有URLがバレてしまっていたようです。

 

共有URLがバレてしまった仕組み

WEBサイトの管理者というのは、自分の管理しているサイトにどこからお客様が来られたのかを知ることができるのです。

 

これは、各種解析ツールを使えばわかるのですが、自分のサイトにどこのURLから飛んできたのかがわかってしまうのです。

 

 

つまり、自分のサイトへ飛んで来たお客さんが、共有した文章の中のURLから来られたことがわかってしまうのですが、同時に共有URL自体も解析できていたというケースです。

 

Dropboxでは現在修正されているようですが、やはりビジネスで使うような重要なファイルはビジネス向けのプランに申し込んだ方がリスクが少なくて済むでしょう。

 

個人向けサービスは漏れてもいいような情報で使えばいいでしょう。

(私は秘密主義なので使いませんけど)

 

 

 

 

侵入者にログインされる

クラウドサービスに自分だけがログインできればいいですが、パスワードで管理している以上は侵入することができてしまいます。

 

他のサービスと同じようなパスワードIDは危険

1箇所で漏れたら同じパスワードとIDを無作為に打ち込まれてしまいます。

するといとも簡単に侵入されてしまいます。ログインされたら最後、中の情報は抜き取られたり悪用されたりします。

 

 

 

 

ここであなたが思ったことを当ててみます。

「パスワードって暗号化されてるんじゃないの?」

そもそも暗号というのは、とても IT に詳しい方たちにとっておもちゃのようなものです。何とツールを使って時間をかけてしまえばいくらでも解いてしまえるのです。

 

昔から暗号を強化しても、暗号といてしまう方たちがいらっしゃって、暗号の強化、解除はイタチごっこなのです。

 

 

「秘密の質問」もそこまであてにありません。

ユーザー情報を管理しているサーバーが不正アクセスなどが原因で内部情報が漏れることがあります。

そうなれば秘密の質問も全く秘密でなくなります。

 

 

外部サービスに頼るのは便利ですが、セキリティの面はそこまで強くありません。

 

うっかり全体公開

公開型ブックマークは社内文章の共有にGoogleドキュメントを使っておられませんか?

Googleカレンダーもプロジェクトの進行に便利そうですけど…

 

 

ドキュメントを共有したら同時編集もできるか便利といった感覚で使ってしまうと危険です。

 

Google ドキュメントであっても、業務用ファイルを置いてしまうと個人用クラウドストレージに置いといるのと同じリスクがあります。

個人用の Google カレンダーの場合、間違えて全体公開してしまうケースも情報漏えいです。初期設定などもよく見ておきましょう。

 

 

 

他に社員が個人利用できるクラウドサービスに社外秘情報を保存しておくのはこんなリスクがあります。

例えばこのクラウドサービスに社外秘情報を保存した社員が退職した場合はどうなりますか?

たとえ退職した後であってもログインできればいくらでも情報を使うことができてしまいます。

 

 

さらに、

退職する前にバックアップを取ってなかった場合も危険、

「退職するから Google アカウントごと消しときます」と親切にしてくださると大変なことになります。

 

 

Googleアカウントに保存したすべてのデータが、アカウントと一緒に消滅してしまいます。

Googleアカウントを消す前にちゃんとバックアップを取らないといけなくなってしまいます。最初から個人向けなんか使わず、企業向けのサービスを使い会社で管理しましょう。

 

企業向けの「OneDrive for Business」

有料ですが、こちらはデータ転送時のファイル暗号化、99.9%の稼働率を補償するサービスレベル契約、データ損失防止機能など、さまざまなセキュリティ機能が備わっています。

OneDrive for Businessのページはこちらhttps://onedrive.live.com/about/ja-JP/business/

 

 

やはり業務目的の場合はデータ消失は死活問題です。大切な資料などはバックアップを複数とったりして万全の体制にしておきましょう。

 

その他の解決法

法人向けで、さらにバックアップがしっかりしてあるサービスを利用しましょう。

また面倒くさくても、オフラインでUSBメモリに保存したり、長期間の保存をするのならDVD ディスクなどに焼きましょう。

 

 

 

 

長い文章になりましたが、読んでくださってありがとうございます。

情報漏えいは恐ろしいですね。

 

できるだけ情報はオフラインで保存、

パスワードは定期的に変えましょう。

AMD RyzenのPure Power、Precision Boost

こんにちは

AMD Ryzenが発売されて少し経ちました。

Pure Power、Precision Boostの機能について調べたので読んでみてください。

 

どちらの機能も高度な技術でしょうが私にもイメージが掴めました。

記事のラストでは気になるお話を見つけたのでお知らせしておきます。(この世界ではよくあることかもしれません。)

 

どんなCPUでもトランジスタにバラつきがある

CPUに使われるトランジスタも個体差がある

同じ動作をさせようとした時に、どれくらい電圧が必要なのかがマチマチなのだ

 

 

電圧が足りないと狙いの動作をしてくれないので、

少し余裕を持って強めの電圧で動かす。

 

たとえば、同じCPUで、同じ動作周波数で動かすのに

AのCPUは0.85V

BのCPUは0.86V

CのCPUは0.88V

電圧を必要だったとしたら、

余裕を持って0,9Vで動作できるよう設計する。

 

 

すると高い動作周波数が求められた時でも

個体差によって動かないことを防ぐというわけです。

 

しかし、少ない電圧で動いてくれたCPUにとって余分に高い電圧がかかることになります。(この例ですと A 0,85Vの個体)

 

 

それぞれのCPUの個体差にあわせてムダに電圧がかからないように調整する機能がPure Powerです。

 

Pure Powerとは限界まで消費電力を下げてくれる機能なのです。

 

 

 

Pure Powerの逆の機能Precision Boost

逆に動作周波数上げる動きをするのがPrecision Boostです。

 

同じ電圧を掛けた時に動作周波数にもCPUごとに個体差が出ます。

 

センサーを使ってうまくコントロールして、

少しずつ動作周波数を引き上げるのがPrecision Boostの役割です。

 

 

こうして便利機能でシェア争いに決着がつくかと思いきや…

 

 

現在Ryzenでの処理で、コア数が多いのに時間がかかってしまうことがあるのです。

いままでリリースされてきたソフトの殆どがIntel製のCPUに合わせてチューンアップされているからなのです。

 

 

最適化されてないのです

せっかく高速処理できるハズのRyzenもソフトウェアに最適化されるまで本領発揮できないというわけです。

 

これからアップデートされていけばいいですね。

ええっ!USBメモリーってデータ消える時があるの?

USBメモリーは便利で簡単にデータ保存できます。

しかし、長期保存すると大切なデータが消えてしまいます。

 

USBメモリーのデータが消える仕組みってどういったものでしょう?

対処法はあるのかな?

 

 

 

そもそもUSBメモリーってどんなものなの?

電源を落とした後でも保存したデータが消えない、読み書きが高速、複雑な機械が入ってないので故障する心配が少ないなどといったことが特徴です。

USB接続できるフラッシュメモリー

電源が入ってない状態でもデータが消えないメモリーなのですが、読み書きするときだけ電源が入っていればいいという便利な保存媒体なのですが…その性質には弱点がありました。

 

 

長期間放置すればデータが消える

USBメモリーに保存したデータはずっと残るわけではないのです。どういった時に消えるのかというと保存した後にずっと電源を入れないでいると消えてしまいます。

自然に放電したらデータも消えるイメージです。

なんだか電池みたいなイメージですね、(放っておくと電池の中身って消えていきますし)

 

どのくらい放置したらデータが消えるの?

電源が入らない環境で、放置した時間が長いほど保存したデータが消えやすくなります。

10年以上放置したら消えるという事も言われるみたいですが、5年放置してたら消えたということもあるようです。

USBメモリーは長期保存に向いていないのかもしれませんね。

 

 

「SLC」「MLC」「TLC」この中でも一番安い「TLC」を使ってある場合

TLCタイプのフラッシュメモリは書き換え回数の上限も低くデータの保存し続けれる期間も短いタイプです。長持ちしないものとして考えましょう。

安いUSBメモリーはTLCタイプのフラッシュメモリが使ってあることが多いです。

5年持たないと思うべき

こういった製品は耐久力が低いので500回程度の書き込みができれば良しと考えましょう。

期間的には持って数年です。5年も持たないと思ってください。

 

 

USBメモリーは消耗品として考える

すべての家電は量産品であり、いつか壊れます。保存したデータはいつか消えるので半永久的に使用することはできません。

 

大切なデータは複数にコピーして記録して対処しよう

同じタイミングで消えないなら残るかもしれません。複数保存して備えましょう。

もう少し長く持つHDDやDVD-Rなどに保存すれば長めに保存できるでしょう。

複数のメディアを使い分けるのはいかが?

EaseUS Todo Backupの使い方 「セクタバイセクタとは」実際にクローンしてみる

EaseUS Todo BackupでHDDからSSDにする場合にクローンを作ることで手短にできるようです。

無料で使えるソフトです。

公式からDLできるページはコチラ

 

 

 

あいにく私はHDDからHDDに交換するのですが同じようにクローンできました。

セクタバイセクタって何?と思い調べましたので読んでみてください。

 

 

セクタバイセクタとは?

HDDの中身をセクタごとコピーする技術のことです。

ファイルがどの位置にかかれていたのかまでクローンを作ります。

(ファイルそのもの+位置情報までクローンを作れる)

 

 

データの存在している部分以外に、

空白部分も、ゴミファイルもそっくりコピーするので

他のソフトでクローンに失敗した場合でも成功するかもしれません。

 

 

そのかわりセクタすべてのクローンを作るので時間が掛かかります。

 

 

 

実際に使う場合、

クローン元よりもクローン先の容量が多くないとダメ

クローン先の容量が少ないとクローンできません、HDDからSSDに変更する場合は特に注意しましょう。

 

 

 


ここから広告が表示されます。

 




広告はここまで


 

 

 

 

EaseUS Todo BackupはCドライブだけクローンもできますよ。

バックアップの準備もできてますか?外付けのHDDなどの媒体にコピーして保存できましたか?

 

 

 

クローンも必ず成功するわけでないです、バックアップは失敗した場合のことも考えて転ばぬ先の杖です。

大事なファイルは複数コピーしましょう、クローン元もうまく行かなかった場合に備えてしばらく取っておいたらいいかも?

 

 

 

 

リスクは有る→万が一に備えておく

クローンを作る前にリカバリーディスクを作っておきましょう

クローンは失敗もありますし、メーカー製のパソコンの場合はリカバリ領域を読み取れない場合があるようです。

 

 

 

通常の方法でクローンを作ろうとしても読み取れない領域はクローンをつくれません。

この場合はセクタバイセクタでクローンできます。

 

 

 

しかし、それでも起動しない場合があるので、万が一のためにバックアップ、リカバリーディスクは用意しておきましょう。

 

スリープの設定も無効化しておきましょう

クローン作成中にスリープしてしまうとまずいです。

 

 

 

 

無料で使えてセクタごとのクローンまでできる「EaseUS Todo Backup」の使い方が気になりましたか?

わかりやすいインターフェースで、とても簡単に使えるのでご覧あれ。

 

 

 

EaseUS Todo Backupの使い方

HDDとPCをケーブルで接続したら

「 Easeus Todo Backup 」を起動

クローンをクリック

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91

クローン元を指定する

コピーしたいドライブにチェックマークを入れる。(これがクローン元になります)

次へ

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%92%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e9%81%b8%e3%81%b3

クローン先を指定する

ここで画面下の方にオプションのチェックボックスがありますね。(気になったあなたはウォーリーを探すのがお上手なのではないでしょうか。)

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80ssd%e6%9c%80%e9%81%a9

チェックボックスが2つあります、必要なのはどちらなのか?どちらもなのか?どちらも必要ないのか?

 

↓、答えを出すにはコチラの2つ!

 

 

まず2つ覚えてください、

※1,SSDにクローンを入れる場合は「SSDに最適化」をチェックすること

 

※2,「セクタバイセクタクローン」は時間がかかります。時間がかかっても良い方、他の方法でエラーを吐く場合はチェックしてください、メーカー製PCでリカバリ領域もクローンしたい場合も選んでください。

(私の場合、100GBちょっとくらいのシステムのセクタバイセクタクローンなら2時間かからなかったです。)

 

 

 

SSDに最適化のチェックは左側

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80ssd%e6%9c%80%e9%81%a9%e3%81%ae%e3%81%bf

セクタバイセクタでクローンするなら右側です。

 

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%bf

 

あとはドライブの項目に編集という項目があります。これはクローン先のパーテーションを変更できる機能です。

 

 

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e7%b7%a8%e9%9b%86

「編集」でSSDのパーテーションを変更できます。SSDをすべてシステムを入れる目的ならシステムを入れるパーテーションを最大に広げておきましょう。「OK」を押すと変更が反映されます。

 

 

※パーテーションの容量はここで決めてしまいましょう。後から別のソフトで変更しようとした時にエラーを吐いて変更できない場合があるようです。

 

 

 

 

最後に確認画面で「実行」を押して完了です。

 

 

 

あとは待つだけです。

クローンが完成したら、1回PCの電源を落としましょう。そしてクローンが成功したHDDかSSDだけを付けて起動するか確認しましょう。(この時は静電気に注意)

うまく起動したら成功です。

 

EaseUS公式サイト

公式から無料DLできるページはコチラ

 

 

今回はソフトでクローンしましたが、

簡単にHDDの中身をコピーするなら

こういう便利グッズもあるようです。

サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA – USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4をAmazonで見る

 

 

 

関連記事 EaseUS Todo Backup Workstation 10.0 使ってみた

 

 

追記

私が使ったところ、クローンに失敗しました。

なんだかうまくいく人と行かない人がいる模様です…

ファイルの解凍のやり方とフリーソフト

ダウンロードしたファイルは圧縮してある場合がほとんどです。問題なく使いたいなら解凍しましょう。

-shared-img-thumb-SAYA160312170I9A3708_TP_V (1)

圧縮する→ファイルを小さくすること

解凍する→圧縮状態から元のサイズにして使えるようにすること

 

 

解凍手順の流れ

-shared-img-thumb-tsuruno15_TP_V

「右クリック」→「すべて展開」

1,zipファイルにマウスでカーソルを合わせてを右クリック

2,「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開画面」が出るので展開先(解凍後のファイルの置き場所)を指定する。

(そのままでいいと思うなら、表示されているそのファイル置き場に保存されます。)

3,保存場所が決まったら「展開(E)」を探して押す。

(下の方のキャンセルの横にあるかも)

4,完成。先ほど決めた保存場所に解凍できたファイルができます。


ダウンロードしたファイルで注意すること

-shared-img-thumb-tsuruno34_TP_V

・キケンなファイルじゃないのか?

ダウンロードしたファイルは信用できるファイルですか?

・ダウンロードしたファイルが信用できるとしてもダウンロードする動作にスパイウェアがまぎれる事もあります。

スキャンしましたか?スキャンはセキュリティーソフトでできます。

 

スキャンのやり方

-shared-img-thumb-E146_cyoushinki_TP_V

(ファイルを選んで右クリックしたらメニューが出ます。メニューの中にセキュリティーソフトでスキャンできそうな名前がありませんか?

それっぽい項目を見つけたらクリックしてスキャンしましょう。スキャンしてもファイルが壊れたりしないし、お金がかかることもないですよ。

 

インストール画面での注意すること

キケンでなく目的のソフトだったとしても、

変な設定項目がありそのままインストールすると嫌な挙動になってしまう場合があります。

 

こういった項目は、フリーソフトに多いです。

 

もしも、そのままの設定でインストールすると

広告が表示されてしまったり、勝手に怪しいソフトがインストールされてじゃまになったりします。

 

こういった怪しいソフトは

あとで削除するとしても簡単に消せなかったりします…

-shared-img-thumb-CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V

インストール画面がでたら

まずはどの項目が必要で必要じゃないのかをよく読んでみましょう。

必要ない機能はインストールしないようにしましょう。

 

 

チェックボックスなどをマークしないように注意して必要な項目にだけチェックを入れましょう。

 

 

フリーソフトは便利

フリーソフトは作者さんの好意で無料で使えます。

 

中には悪いソフトも混じっています、

 

フリーソフトを使う前に

危ないソフトかどうか判断するためには

すぐ使わずに「ソフトの名前 評判」などで検索してみましょう。

 

たくさんの人が使っていて

評判がよかったら使えるソフトかもしれません。

 

 

評判が悪かったり、

あまり使われてないソフトは使わないようにしましょう。

CPUグリスの塗り替え ヒートシンクの4本のピンの外し方

CPUグリスを塗り替えたけど苦戦した話

 

CPUグリスの塗替えって正しい方法を知らないと塗り終えた後に温度計ったとき、変に高温になります。

以外な落とし穴があったので記事に書いてみました。

“CPUグリスの塗り替え ヒートシンクの4本のピンの外し方” の続きを読む

無料DLできるHWMonitorの使い方 温度/電圧チェック フリーソフト 

HW Monitorの見方/使い方

HWMonitorは、主にCPU、GPU、HDD、マザーボードの温度、CPUファンの回転数を調べる事のできるフリーソフト

HW マザー

 

使い方は簡単、その上フリーソフトなので無料で使えます。

“無料DLできるHWMonitorの使い方 温度/電圧チェック フリーソフト ” の続きを読む

ブルースクリーンが出たらバックアップ? 事前にバックアップしよう

ブルースクリーンが出たら危険なの?PCを買い換えるべきなの?

bsMIMIYAKO85_cafedesigoto20140725

一見恐怖の真っ青な画面…

青い画面に英語の文字だったり…

初めて見たらパニックになるでしょう。

今回はバックアップで故障に備える方法です。

“ブルースクリーンが出たらバックアップ? 事前にバックアップしよう” の続きを読む

パソコン購入後にするべき3つの準備

パソコンを存分に使うための最初の準備

パソコンを購入したらやっておくべきことがございます。少し作業をしておくことでパソコンの調子が悪くなった場合に対処する方法がございます。

自分で直すこともできるようになるのでスキルアップできますよ。

-shared-img-thumb-BO15103019151030194968_TP_V
認証コード保存する
リカバリディスク・システム修復ディスクを作る
システムの復元ポイントを手動で作る
“パソコン購入後にするべき3つの準備” の続きを読む

パソコンのトラブル解決 起動しない→放電させる

パソコンが立ち上がる最中からデスクトップ画面までいかない、

途中で固まった、そもそもこのままどうしようもないの?電源が切れないよ…

こういったトラブルはパソコンを使っていればたまに起こるものです。電源を切る方法すらわからなくなった場合はどうしたら良いでしょう?

 

bsPAK86_shizenkoutopc20140517

 

“パソコンのトラブル解決 起動しない→放電させる” の続きを読む