CLIP STUDIO PAINTを使うためのCPU選び 3つの知っておきたいこと

え?au使ってるからすっごくお得!

CLIP STUDIO PAINTで使うPCのCPUはどれが良いのでしょうか?

なかなかマルチコアが重要なのか、コアの数よりも1コアあたりの処理能力を重視するべきなのか調べてみました。

3つの

・「core i7」という選択もあり

・一般的なイラスト制作なら「core i5」でも十分なワケ

・シングルコアよりマルチコアなワケ

CLIP STUDIO PAINTを使うためのPCのメモリに関してはコチラの記事を読んでみてね

CLIP STUDIO PAINTはSSD+HDD??

マルチコアかシングルコアか?

 

資料として様々なページをリサーチしました、すると…

マルチコアCPUの対応についてを参考に読んでみる

上のリンク先のページで気になったのは

マルチコアに適してない処理をマルチコアにさせると1コアで処理するより遅くなるようです。

 

このように部分的に1コアで処理することもあるようですが…

 

もう少し新し目の情報をみてみると、

参考2 CLIP STUDIO PAINTの要望・不具合ボード

CLIP STUDIO PAINTでは「キャンバスの描画更新処理にマルチコアを使っている」ようなのでシングルコアよりも2コア以上あったほうが良いようです。

 

1コアあたりの処理能力

ちなみにクロック周波数の数値が大きいほど1コアの性能が高いのでマルチコアでクロック周波数が高いものを選ぶといいです。1コアで処理する場面で有利になるでしょう。

-shared-img-thumb-kiban160309320I9A2695_TP_V

CPUの条件「2コア以上で動作クロックの高いこと」

 

それなら、2016年10月現在では

Core i3やCore i5が適していると思います。ここで価格を見比べてみてください。

Corei7は高性能だけど「高価」

Core i7だとコストが高いのでコストに見合うほどの性能が上がるわけではないので価格の分得られるメリットはあまり多くありません。Corei5からCorei7にしたときの差額が大きいため費用対効果が薄いともいえます。

 

Core i7でクロック周波数がそこそこの製品を選ぶよりもCorei5でクロック周波数が高い製品のほうが通常のイラスト制作に向いているんじゃないでしょうか。別のソフトも同時起動したり、同じPCでゲームをしたりするなら別です。

 

ソフトが複数のスレッド対応してないと

Core i7はスレッド数が多いため対応しているソフトを使ったときに高い処理能力を発揮します。

たくさんのスレッドにソフトが対応していない場合はソフトが扱えるだけのスレッドで処理するのでCPUの部分的な処理能力しか役に立ちません。このときに当てになるのは1スレッドあたりのクロック周波数の数値ではないでしょうか。

 

-shared-img-thumb-SAYA160312170I9A3708_TP_V (1)

資料を見ながらイラスト制作する、音楽を聞きながら、動画を見ながらといったマンガ/イラスト制作と同時に処理することがありますか。

そういった他の目的でCorei5以上のマルチコアの処理が必要な場合はCorei7の選択もアリだと思います。その分予算はかかります。

CPUにさせる事を決めておいて考えましょう。

 

 

CLIP STUDIO PAINT以外のソフトは使うの?

イラスト制作に他のソフトを使う予定があるかどうかが重要ではないでしょうか?

Photoshopは高負荷に耐えれるCPUが必要

例えば、 Photoshop も使う予定ならばもっと高性能な CPU が必要です。Corei7 でないとカクつくと思います。拡大縮小のたびにカクつくと集中力が続かなくなると思いませんか?

Photoshop を使うのなら、 CPU 以外にそれなりのグラフィックボードも必要になってきますし、予算も全然違ってくるでしょう。

CLIP STUDIO PAINTしか使わないのかPhotoshopも使ってみたいか

こういった他のソフトを使うかどうかは将来性を見据えたら重要な要素ですね。後の時代ですごく便利なソフトがリリースされた時にハイスペックでないと動かせないといったこともあるでしょうね。

 

Core i7が必要な場面は?

他のことと併用しながらのイラスト制作をするのか

重い処理と言っても複数のタブを開いて資料を見たりしたら処理性能が必要です。CLIP STUDIO PAINTを使いながらCore i5であっても複数のタブを開いても平気です。

それでもCore i7が必要な場合は複数の動画を見ながらのゲームをしながらのイラスト制作や動画をエンコードしながらだったりです。

3Dモデルを多用するならCore i7にしたほうが良さそうです。重い3Dモデル処理ならマルチコアCPUのほうがより快適でしょう。

アレコレ同時に起動したいソフトが有るならCore i7が活躍するでしょうし、CLIP STUDIO PAINT単独で使うのならCorei5 Core i3といった選択はいかが?

 

予算があるならメモリのほうを積みたい

予算に少しあまりがある場合の使い道に迷っておられませんか。ある程度CPUに不満がなければ、さらにCPUに予算をかけるよりもメモリに予算をつぎ込んだ方が効果が高いでしょう。

 

今回の記事

CLIP STUDIO PAINTを使うためのCPUの条件とは?

3つのまとめ

 

CLIP STUDIO PAINTを使うためのPCのメモリに関してはコチラの記事を読んでみてね

・予算に余裕があり他の作業も同時にするのなら「core i7」という選択もあり

・一般的なイラスト制作だけなら「core i5」でも十分

・シングルコアよりマルチコア、シングルで処理する場面とアルチCoreに処理させる場面と両方ある。3D処理はマルチコアが有利

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。