CPU新世代突入か?Whitehavenって何?(Ryzen CPUの16コア32スレッド)

え?au使ってるからすっごくお得!

Whitehaven(ホワイトヘブン)

AMDの新CPU、

16コアでも 3.6 GHzが出せるハイエンドCPUが控えているとのウワサです。

 

AMDのハイエンドCPUが市場を変えてしまうのでしょうか?

 

 

引用元https://www.cowcotland.com/news/57775/amd-ryzen-whitehaven-cores-threads.html

 

ターボがかかっていれば3,6GHz

通常は3,1GHzで運用できます。

ソフトが対応していれば最大16コアで処理することも。

 

 

 

実測で処理が早いといいですね。

動画のエンコードをするときにいいかもしれません。

 

 

多コアだと動作クロックが低くなりがちなのですが、

技術の進歩で動作クロックもそれなりに確保できるみたいです。

 

 

 

新たなソケット

Whitehaven では SP3 (LGA)やSP3r2ソケットで使うので、

新たにマザーボードを用意する必要があるでしょう。

http://wccftech.com/amd-ryzen-16-core-threadripper-whitehaven-4094-socket/?utm_source=wccftech&utm_medium=related

 

2CPUに対応したSP3

もしくは、1CPUに対応したSP3r2のソケットが使える環境が必要です。

 

どちらもピン数は4094

チップセットはX399、X390

クアッドチャンネルのDDR4メモリをサポートするそうです。

 

 

 

ちなみに、

Ryzen 7 では AM4というソケットでした。 

互換性がないのでコストが掛かりそうです。

 

 

Whitehavenのリリース時期は2017年中

2017年の何処かでリリースされるようですが、詳しい時期は未定です。

ライバルのIntel Core i9が6月、8月に順番に発売されるので対抗馬としてリリースされるのでしょうか。

 

 

 

 

Whitehavenはサーバや爆速エンコード処理などで使われるでしょう。

性能は高いですが、発熱や価格が気になります。

 

 

 

あなたは、高額でもハイエンドCPUをお求めになられますでしょうか。

私の人生ではサーバ構築をする予定がないのでサッパリです。

Ryzen7のが気になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.