ニンテンドースイッチとは?発売日と価格

え?au使ってるからすっごくお得!

ニンテンドースイッチは任天堂の次世代機

発売日は3月3日

価格は2万9980円だそうです。(2017/01/13時点で調べた情報)

1月21日から予約ができるそうです。

 

コードネーム「NX」って呼ばれてたゲーム機こそ

ニンテンドースイッチですね。

 

速く触ってみたいですね、

今までのゲームとの違いは何でしょうか?

調べてみたので読んでみてください。

 

 

プレイスタイルが新しいニンテンドースイッチ

joy-Conと液晶パネル付きの本体との組み合わせで

様々なプレイスタイルで遊べるそうです。

 

・「TVモード」テレビと本体を接続して、コントローラーでプレイする

・「携帯モード」本体部とコントローラーを直接接続して携帯端末として利用する

・「テーブルモード」本体部の液晶にゲーム画面を表示し、コントローラーの左右部分を2人のプレーヤーがそれぞれ利用する

 

従来のゲーム機のようなスタイル以外で遊べるのが新鮮かも。

据置機と携帯機の両方のいいとこ取りのゲーム機です。

 

 

 

 

Joy-Conは分離できる

コントローラーのJoy-Conは「左右で一組み」になっているのでそのまま使えば従来のコントローラーみたいに使えるし、

分離して片方だけでも操作ができます。

ゲストさんが来た時に分離するだけで協力プレイもできるかも。

 

コントローラーは別売で買ってくれば追加できるよ。

 

 

 

最大8台までのローカル通信

3DSみたいに友達の家にもって集まれば8人までのローカル通信ができるそうです。

オンラインは知らない人とも出会うのが嫌な時がありますね。

ローカル通信で知り合い同士での通信なら安心できます。

 

 

価格

ディスプレイ付きで3万円と考えるとお買い得とも言えるかも。

 

オンラインについて

市販の有線LANアダプターを用意すれば

有線LAN接続もできるようです。

 

有線だと安定したオンラインプレイができますね。

 

オンライン対応のゲームをするには

有料サービスに加入する必要があるようです。

 

 

バッテリーの持ち

バッテリー持続時間はソフトによって違います。
約2.5~6.5時間が目安です。ゼルダの伝説の場合は3時間

その他の使用状況でも前後するそうですが、

3時間もバッテリーで遊べれるなら十分かも。

 

USB Type-C端子に対応した携帯バッテリーを使うこともできるようです。旅先などで長時間プレイするときにも困らないかも。

 

amiibo対応

コントローラーのHOMEボタン付近でamiiboの読み込み/書き込みができるようです。

オプションを購入しなくても使えるのは便利ですね。

 

 

HD振動とは?

従来のゲームコントローラーよりも繊細でリアルな振動が出る機能のようです。

距離を図ったり、物体の形・動きを読み取れる「モーションIRカメラ」での操作と、HD振動との組み合わせで新しい感覚が味わえるのでしょう。

 

 

サイズ
縦102mm×横239mmx厚さ13.9mm

(これはJoy-Conを取り付けた時のサイズです。)

※アナログスティックの突起まで含んだ時の厚さは28.4mmくらい

 

質量
約297g
(Joy-Conと合体してる時の重さは約398g)

 

画面
静電容量方式タッチスクリーン/6.2インチ液晶/1280×720ピクセル

 

 

 

 

センサーがたくさん使われるコントローラーかもしれません。

ソフトのラインナップも気になりますが、

PS4ほどの性能で無いでしょうからどんなアイデアで戦略を展開するのでしょうか。

 

 

ここらで新しい操作感覚で

スカッとするようなゲーム機が出ると面白いですね。