PCの掃除をしました

え?au使ってるからすっごくお得!

今回は夏の悩みの定番の

PCからの放熱が気になったので掃除をしてみました。

 

 

分解して開けてみると…

ゴミだらけというわけです。

 

 

なんだかPC内部が、

ものすごくゴミだらけになってたみたいです。

コレは掃除しがいがあります…

 

 

 

電源を切った後に、

ケースを開けてホコリに驚愕したら…

 

「エアブロアーでもくらえ!」

カメラのメンテナンス用品のエアブロアーですが、

ガスを使わなくて済むので便利です。

 

 

「シュッシュ♪」と吹き飛ばしてやりましょう。

背面もお忘れなく!

 

 

ついでにグラボの中もお掃除します。

 

 

電源ピン外して、

 

 

ビスを外して、

分解していくと…

 

コードを傷めないように外します。

 

 

分解後はエアブロアーで、

ホコリを飛ばしたら…

 

 

 

もちろんコレとグリスを用意しておくのです。

熱伝導シート

分解した時に消耗品として取り替えなくちゃね

 

 

サイズに合わせてカットして、

透明なフィルムを外すのをお忘れなく

 

白いのが熱伝導シートです。

 

熱伝導シートを張り替えるのと、

ヒートシンクにグリスを塗り直そう!

 

 

これで冷えるはずなので、

逆の手順でくっつけていくだけ

※分解は自己責任です。

 

 

 

ビスが多いのでなくさないようにしよう

 

 

 

無事組み直してPCが使えるようになりました。

 

温度を測ってみると若干冷えたので

掃除の効果はあったかもしれません。

 

 

 

騒音もマイルドになったので、

掃除をして満足でした。

 

 

 

 

それにしても、

そろそろ新しいPCがほしいですね。

PCの買い時が難しいです…

 

 

 

PCの掃除は難しくない

PCのパーツを全部分解せずとも、

ホコリはほとんど取れるのでやってみると簡単ですよ。

 

基本的にケースを開けた後は、

パーツに触れないようにして掃除をするようにしたら良いです。

(手で触れると静電気でパーツを壊してしまうことになります。)

 

 

 

 

 

 

パーツを壊してしまわないか心配でしょうか?

 

実は、

ホコリが詰まったままPCを使うのも危険なのです。

たまったホコリに引火して火災にになることもあります。

 

 

「いつの間にか燃えていた」なんてことにならないように、こまめに掃除をしましょう。

 

 

 

 

スプレータイプの便利アイテムの危険性

エアダスターとして、

電気屋さんのOA機器コーナーで売っているスプレー缶タイプのものって、

便利そうなのですが、

引火性のガスが噴射されるので少し扱いが難しいです。

 

 

パーツの奥にガスがたまったままの状態で電源を入れると、

そのまま引火して火災になることもあります。

 

 

 

やはり、カメラ用のエアブロアーを使うことをおすすめします。

できるだけボディが大きくて、

たくさん空気を出せるものがおすすめです。

ノートパソコン使う上で気をつけたい2つのこと

ノートパソコンは持ち運べて便利なのですが、壊しがちでないでしょうか?

 

せっかく買ったノートパソコンを

すぐに壊してしまわないようにするにはこんなことに気をつけてみてください。

 

 

 

1,片手で持たない

ノートパソコンをうっかり片手で持ってしまいませんか。

 

片手で持ち上げてしまうと

持っている部分だけにチカラが集中してしまうのでダメージになってしまいます。

 

 

ノートパソコンの外装は、プラスチック製であることが多いので簡単に壊れてしまいます。

両手を使って両側をしっかりと持ちましょう。

 

 

またハードディスクは衝撃や振動に弱いので、

電源の入った使用中のパソコンは動かさないようにしましょう。

 

 

 

2,こまめに掃除をする

パソコンの内部は高温になりがちです。

正常に動かしても40度の熱が出ます。

 

ノートパソコンの放熱用の通風孔がホコリで埋まっていませんか?

もし、ホコリだらけなら掃除してみましょう。

 

 

掃除機よりもエアダスターよりも

カメラ用のエアブロアーがおすすめです

 

 

エアダスターはおすすめしないワケ

スプレーの形をしたエアダスターの中身はガスが入っています。

ホコリを飛ばすのに便利なのですが、

このガスの多くは引火するガスが入っています。

 

そしてこのガスは静電気でも引火することがあります。

 

 

 

どうしてもエアダスターを使うなら注意したいこと

どのパーツに静電気が起きるのかわからないまま使ってはいけません。

バッテリーや電源が入ったままエアダスターを使うのは火災の原因になります。

 

 

また、コンセントを抜いても放電し切るまで時間が必要だったりもしますので使わないほうがいいです。

さらに、高温の状態でも引火するので冷めるのを待ってから使うというルールがあります。

 

 

またパソコンの内部にガスが残ったまま電源を入れると、やはり火災の原因なってしまいます。

十分にパソコンの内部を換気をしてから使うことになるので面倒くさいです。

 

どちらも少し間違えただけで火災というリスクが付きまとうのでエアブロアーを使うことをオススメします。

 

 

 

パソコンのメンテナンスはめんどくさい?

パソコンの掃除をすればするほど愛着がわきます。掃除の工夫をしたり、道具の使い方を工夫すると「もう自分は一般人じゃない。」と思い込む事ができます。

そういった自分の知られざる一面を知ることもできるので、掃除するのもなかなか面白いものです。

スポンサーリンク