Windows7でのスタートアップの設定 自動起動をOFFにする方法

え?au使ってるからすっごくお得!

スタートアップは

サインインしたときに

自動で動いてくれるプログラムを設定できる機能です。

 

 

 

 

アプリケーションをインストールしたときに

自動的にスタートアップに登録されることもありますが、

 

必要ない時には無効にしたいですよね。

 

 

 

 

 

そんなときのために、

 

Windows7 での、

スタートアップの有効/無効やり方をお伝えします。

 

 

 

 

 

Windows7で スタートアップを無効にする


 

 

パソコンには、

動作に必要なシステムや

セキュリティソフトなどが、

パソコンを起動したときに自動的に動くように設定されています。

 

 

 

あまり使わないようなアプリケーションは

無効にしてもいいですが、

 

 

重要なプログラム、

セキリティソフトなどは

自動で起動した方がいいでしょう。

 

 

パソコンの動作に必要なプログラムや

セキュリティに必要なアプリケーションは、

無効にしないようにしてください。

 

 

 

 

 

私がお伝えする方法では、

「システム構成」から無効にします。


 

1,「スタート」→「コントロールパネル」の順に選びます。

 

 

2,「コントロールパネル」から

「システムとセキュリティ」を選びます。

 

 

 

※もしも、アイコンだけの表示されて

「管理ツール」が選べる場合は

「管理ツール」を選んで手順4に進んでください

 

 

 

 

3,「システムとセキュリティ」から
「管理ツール」を選びます。

 

 

 

 

4,「管理ツール」から「システム構成」を選びます。

 

 

 

5,「システム構成」から

「スタートアップ」がまとめてある箇所にたどり着きます。

 

 

(こういうまとめてあるのは、「タブ」と言うそうです。)

 

 

 

まずスタートアップを選んで表示してみると、

こんな画面が出るはずです。

この画像の左端の四角い枠を選んで

印をつけたり、外したりできます。

 

 

 

印がついている状態ではON

印がついてない空白の四角ならOFF

 

 

まるでスイッチのようですね。

(理科の実験の豆電球が懐かしいです。)

 

 

 

使いたくないアプリケーションの

四角をクリックして

空白にして、下の方にあるOKを選びます。

 

 

 

6,「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要…」という確認画面が出ます。

 

 

用事が済んでいて再起動しても問題なければ

「再起動」を選んでください。

 

即座に再起動が始まり

選んだ設定が反映されます。

 

(この時点ではじめて、

OFFにした設定が適応されます。)

 

 

 

もしも、

再起動しては困る場合は

「再起動しないで終了する」をクリックします。

 

(次回立ち上がったら

設定が反映されるでしょう)

 

 

 

 

 

逆にスタートアップに設定して

自動で立ち上げたいアプリケーションがあるのなら

 

四角の部分にチェックしてOKを選び、

再起動したら設定が反映されます。

 

 

 

くれぐれも

必要なアプリケーションやプログラムを

OFFにしないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

読んでくださって

ありがとうございました。

 

それでは

またいらっしゃって下さい

パソコンのトラブル解決 起動しない→放電させる

パソコンが立ち上がる最中からデスクトップ画面までいかない、

途中で固まった、そもそもこのままどうしようもないの?電源が切れないよ…

こういったトラブルはパソコンを使っていればたまに起こるものです。電源を切る方法すらわからなくなった場合はどうしたら良いでしょう?

 

bsPAK86_shizenkoutopc20140517

 

“パソコンのトラブル解決 起動しない→放電させる” の続きを読む

スポンサーリンク