AMD RyzenのPure Power、Precision Boost

え?au使ってるからすっごくお得!

こんにちは

AMD Ryzenが発売されて少し経ちました。

Pure Power、Precision Boostの機能について調べたので読んでみてください。

 

どちらの機能も高度な技術でしょうが私にもイメージが掴めました。

記事のラストでは気になるお話を見つけたのでお知らせしておきます。(この世界ではよくあることかもしれません。)

 

どんなCPUでもトランジスタにバラつきがある

CPUに使われるトランジスタも個体差がある

同じ動作をさせようとした時に、どれくらい電圧が必要なのかがマチマチなのだ

 

 

電圧が足りないと狙いの動作をしてくれないので、

少し余裕を持って強めの電圧で動かす。

 

たとえば、同じCPUで、同じ動作周波数で動かすのに

AのCPUは0.85V

BのCPUは0.86V

CのCPUは0.88V

電圧を必要だったとしたら、

余裕を持って0,9Vで動作できるよう設計する。

 

 

すると高い動作周波数が求められた時でも

個体差によって動かないことを防ぐというわけです。

 

しかし、少ない電圧で動いてくれたCPUにとって余分に高い電圧がかかることになります。(この例ですと A 0,85Vの個体)

 

 

それぞれのCPUの個体差にあわせてムダに電圧がかからないように調整する機能がPure Powerです。

 

Pure Powerとは限界まで消費電力を下げてくれる機能なのです。

 

 

 

Pure Powerの逆の機能Precision Boost

逆に動作周波数上げる動きをするのがPrecision Boostです。

 

同じ電圧を掛けた時に動作周波数にもCPUごとに個体差が出ます。

 

センサーを使ってうまくコントロールして、

少しずつ動作周波数を引き上げるのがPrecision Boostの役割です。

 

 

こうして便利機能でシェア争いに決着がつくかと思いきや…

 

 

現在Ryzenでの処理で、コア数が多いのに時間がかかってしまうことがあるのです。

いままでリリースされてきたソフトの殆どがIntel製のCPUに合わせてチューンアップされているからなのです。

 

 

最適化されてないのです

せっかく高速処理できるハズのRyzenもソフトウェアに最適化されるまで本領発揮できないというわけです。

 

これからアップデートされていけばいいですね。