EaseUS Todo Backupの使い方 「セクタバイセクタとは」実際にクローンしてみる

え?au使ってるからすっごくお得!

EaseUS Todo BackupでHDDからSSDにする場合にクローンを作ることで手短にできるようです。

無料で使えるソフトです。

公式からDLできるページはコチラ

 

 

 

あいにく私はHDDからHDDに交換するのですが同じようにクローンできました。

セクタバイセクタって何?と思い調べましたので読んでみてください。

 

 

セクタバイセクタとは?

HDDの中身をセクタごとコピーする技術のことです。

ファイルがどの位置にかかれていたのかまでクローンを作ります。

(ファイルそのもの+位置情報までクローンを作れる)

 

 

データの存在している部分以外に、

空白部分も、ゴミファイルもそっくりコピーするので

他のソフトでクローンに失敗した場合でも成功するかもしれません。

 

 

そのかわりセクタすべてのクローンを作るので時間が掛かかります。

 

 

 

実際に使う場合、

クローン元よりもクローン先の容量が多くないとダメ

クローン先の容量が少ないとクローンできません、HDDからSSDに変更する場合は特に注意しましょう。

 

 

 


ここから広告が表示されます。

 




広告はここまで


 

 

 

 

EaseUS Todo BackupはCドライブだけクローンもできますよ。

バックアップの準備もできてますか?外付けのHDDなどの媒体にコピーして保存できましたか?

 

 

 

クローンも必ず成功するわけでないです、バックアップは失敗した場合のことも考えて転ばぬ先の杖です。

大事なファイルは複数コピーしましょう、クローン元もうまく行かなかった場合に備えてしばらく取っておいたらいいかも?

 

 

 

 

リスクは有る→万が一に備えておく

クローンを作る前にリカバリーディスクを作っておきましょう

クローンは失敗もありますし、メーカー製のパソコンの場合はリカバリ領域を読み取れない場合があるようです。

 

 

 

通常の方法でクローンを作ろうとしても読み取れない領域はクローンをつくれません。

この場合はセクタバイセクタでクローンできます。

 

 

 

しかし、それでも起動しない場合があるので、万が一のためにバックアップ、リカバリーディスクは用意しておきましょう。

 

スリープの設定も無効化しておきましょう

クローン作成中にスリープしてしまうとまずいです。

 

 

 

 

無料で使えてセクタごとのクローンまでできる「EaseUS Todo Backup」の使い方が気になりましたか?

わかりやすいインターフェースで、とても簡単に使えるのでご覧あれ。

 

 

 

EaseUS Todo Backupの使い方

HDDとPCをケーブルで接続したら

「 Easeus Todo Backup 」を起動

クローンをクリック

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%91

クローン元を指定する

コピーしたいドライブにチェックマークを入れる。(これがクローン元になります)

次へ

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%92%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e9%81%b8%e3%81%b3

クローン先を指定する

ここで画面下の方にオプションのチェックボックスがありますね。(気になったあなたはウォーリーを探すのがお上手なのではないでしょうか。)

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80ssd%e6%9c%80%e9%81%a9

チェックボックスが2つあります、必要なのはどちらなのか?どちらもなのか?どちらも必要ないのか?

 

↓、答えを出すにはコチラの2つ!

 

 

まず2つ覚えてください、

※1,SSDにクローンを入れる場合は「SSDに最適化」をチェックすること

 

※2,「セクタバイセクタクローン」は時間がかかります。時間がかかっても良い方、他の方法でエラーを吐く場合はチェックしてください、メーカー製PCでリカバリ領域もクローンしたい場合も選んでください。

(私の場合、100GBちょっとくらいのシステムのセクタバイセクタクローンなら2時間かからなかったです。)

 

 

 

SSDに最適化のチェックは左側

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80ssd%e6%9c%80%e9%81%a9%e3%81%ae%e3%81%bf

セクタバイセクタでクローンするなら右側です。

 

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%93%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%85%88%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%af%e3%82%bf

 

あとはドライブの項目に編集という項目があります。これはクローン先のパーテーションを変更できる機能です。

 

 

 

 

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%80%e7%b7%a8%e9%9b%86

「編集」でSSDのパーテーションを変更できます。SSDをすべてシステムを入れる目的ならシステムを入れるパーテーションを最大に広げておきましょう。「OK」を押すと変更が反映されます。

 

 

※パーテーションの容量はここで決めてしまいましょう。後から別のソフトで変更しようとした時にエラーを吐いて変更できない場合があるようです。

 

 

 

 

最後に確認画面で「実行」を押して完了です。

 

 

 

あとは待つだけです。

クローンが完成したら、1回PCの電源を落としましょう。そしてクローンが成功したHDDかSSDだけを付けて起動するか確認しましょう。(この時は静電気に注意)

うまく起動したら成功です。

 

EaseUS公式サイト

公式から無料DLできるページはコチラ

 

 

今回はソフトでクローンしましたが、

簡単にHDDの中身をコピーするなら

こういう便利グッズもあるようです。

サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA – USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4をAmazonで見る

 

 

 

関連記事 EaseUS Todo Backup Workstation 10.0 使ってみた

 

 

追記

私が使ったところ、クローンに失敗しました。

なんだかうまくいく人と行かない人がいる模様です…

もう少し知りたいM.2接続のSSD

M.2SSDをもっと詳しく調べました。

M.2ってよくわからなくてもこの記事でサラッと知っておきましょう。

今回の記事でわかったことは、M,2接続でのSSDを選ぶ前によく調べたほうがいいことがあるということです。

前回の記事はコチラ

私も勉強になりました。

“もう少し知りたいM.2接続のSSD” の続きを読む

スポンサーリンク

「M.2」最新規格のSSDとは?おすすめしない理由

SSDの次世代規格「M2」は爆速だけど…

-shared-img-thumb-Green27_40420141123162504_TP_V

 

爆速が出せるかどうかはパーツ選びの腕次第!!

もう少し詳しい記事はコチラ

M2規格SSDは敷居が高いのです、その理由とは?

 

 

ここから広告が出ます。

スポンサーリンク


広告はここまでです。

 

 

M2取り付けには2種類の接続方式がある


「Serial ATA 6Gbps」と「PCI Express」で接続できます。

※製品によって例外もあるかもしれません

-shared-img-thumb-Green8_gomicap20141123131400_TP_V

 

 

 

 

「Serial ATA 6Gbps」で接続する場合

今までの2.5インチSSDと同じ規格で速度での優位性はないが、小さいのでコンパクトに設置できる。

直付けで取り付けるのでケーブルが必要ないです。

 

 

 

 

「PCI Express」で接続する場合

-shared-img-thumb-Green1_best20141123181357_TP_V

拡張スロットなどでも使う汎用バスで、レーンと言われる通信するがレーンをまとめて使い「x2」や「x16」などと表記。これは束ねたレーンの本数で接続する規格に合うものを選ぶ。

M.2では最大x4

最大転送速度は規格のバージョンによって変わる。

 

 

 

 

 

 

M2規格SSDを使用する場合の注意点


マザーボードによって使えるスロットが制限されることがある。

bsPAK89_hitujimokomoko20141223113546

M2スロット使った時に他のコネクタやポートが使えない場合もある。


たとえば、新規格対応のマザーボードにM2スロットがございます。

そのM.2スロットを使用した時の場合ですと、SATA ExpressコネクタとSATA3ポート2つが使用不可能になる現象が起こったりします。

 

他の場合ですと「SATA Expressコネクタを使用するとM.2スロットとSATA3ポート2つが使用不可能になる」など、なんとも玄人向けといったイメージですね。

 

 

M2規格SSDの最大の弱点は「発熱」


IMGP0805

現在のM2規格のSSDは発熱が凄まじく他のパーツにも悪影響が出るでしょう。人によってはヒートシンクを追加した方もいらっしゃるようです。

熱が寿命を縮めるので本末転倒とも考えられます、どのみち現在のM2規格SSDは上級者向きのパーツです。

 

 

 

 

 

M2はまだ新しい規格


上記のように敷居が高い感じがしますが、まだM2規格自体が一般市場に出始めて浅いので対応が間に合ってないのかもしれません。

SSDも出始めはプチフリが起きたり寿命面で怪しさ満点だったので触らなかった方もいらっしゃいます。

 

 

すぐ買わずに少し待つのはいかが?

しかし、熟成していけば敷居はいずれ低くなるでしょう。果実が実るまで待って漁夫の利を狙うのも良いかもしれません。

SSD メリット・デメリット 2016

SSDはHDD(ハードディスク)の代わりにOSを入れる記録用の部品です。

これからの時代の比較的新しいパーツであるSSDはどんなものでしょうか?

「メリット」・「デメリット」を知っておくとパソコン選びに役立つでしょう。

総合的に見ると性能が高いのはSSDです。

-shared-img-thumb-PPW_memori_TP_V

 

“SSD メリット・デメリット 2016” の続きを読む